セレッソ大阪の清武弘嗣【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 セレッソ大阪は1日、同クラブ所属の日本代表MF清武弘嗣が3月30日の練習中に負傷したとして、同31日に大阪市内の病院で行われた検査の結果を発表した。

 清武の診断結果は左大腿四頭筋の損傷。全治には2週間が見込まれるとのことだ。

 今季開幕前にスペインのセビージャから古巣のC大阪に復帰した清武は、J1開幕から2試合をコンディション不良のため欠場。第3節、第4節と先発で出場し、日本代表では3月28日のロシアW杯アジア最終予選タイ戦に交代出場したが、1日に行われたJ1第5節の横浜F・マリノス戦は欠場していた。

text by 編集部