男性が「もうこの子しかいない!」と思う瞬間、どんな時だと思いますか?

その瞬間は、男性がマジで恋をした瞬間でもありますが、軽い気持ちで好きになられる女性ではなく、マジで愛される女性になることが、多くの女性が望んでいることなのではないでしょうか?

そこで今回は、男性が「もうこの子しかいない!」と思う瞬間をご紹介致します。

男性に心から愛される、ステキな女性へなる為の足掛かりとして、参考にして下さいね。

 

■マジな恋心。落ち目の時に支えてくれる

人間ダメな時ほど、人の愛を強く感じることはありません。

落ち目の時に支えてくれる女性がいれば、それだけで、「もうこの子しかいない」、「一生を持って幸せにしたい」と強く思うのが、男心なのです。

支えてくれる人の愛を、ないがしろにできる鬼畜野郎も中にはいますが、そっちの方が稀ですのでご安心あれ。

結婚を意識した時、いわゆる数字だけで男性を判断しがちですが、結局、そんな女性は、結婚しても愛に飢えることが少なくはありません。

何が幸せか個人の価値観ですが、「もうこの子しかいない」と本気で愛されたいと願う女性は、意中の彼がたとえ落ち目で、お先真っ暗でも、そんな彼を支えてあげれば、愛だけは勝ち取れると思いますよ。

 

■尽くして、尽くして、尽くしてくれる…「こんな女他にはいない」と思う瞬間

筆者の感じるところですが、最近では、女性が男性に尽くす行為が、さも女性を不幸にする……そんな価値観を植え付けられている女性が多い気がします。

確かにそれもあると思いますが、本気で尽くしてくれる女性に巡り合えた時、特に最近では男性に尽くす女性が少ない分、「こんな女他にはいない」、「もうこの子しかいない」と、多くの男性は思ってくれるのです。

尽くすタイプの女性は、尽くした男性のタイプによって、普遍的な幸せとはほど遠い恋愛になる恐れもあります。

ただ、尽くされることが当たり前と思っていない優しい男性に、一生懸命に尽くしたなら、「もうこの子しかいない」と思われ、あなたも幸せに思うのではないでしょうか?

 

■理論ではない「好き」という気持ちに気付いた時

「○○だから好き」というのは、よく聞きますし、誰もが抱くことだと思います。

ただ、裏を返せば、○○じゃなければ、好きではないということになります。その「好き」が一つの「好き」の要素だったとしても、それがなくなれば、その“一つの要素”が消えることには変わりありません。

でも、理論ではない「好き」を感じた女性に対しては、無条件に「もうこの子しかいない」と思うのです。

条件、相性、性格、好みや嫌悪の一致、価値観……。そんな小さなことに捉われないほど、理論ではなく無条件に「好き」と思えた女性には、「もうこの子しかいない」と、運命の出会いを感じてやみません。

性格も合わないし、好きなタイプでもない、好みも違えば趣味も合わない、でも……「大好き」と思ってしまうのが、恋のパワー!

男性の中にも、センチメンタルに「もうこの子しかいない」と、運命の出会いや気持ちを信じている人もいますので、彼が理論ではなく「好き」と言ってくれたなら、それは、あなたにマジで恋に落ちている証拠かもしれませんよ。

 

多くの男性に、下心で恋をされる恋多き女性より、真心の愛を抱かれる、ステキな女性になりたい方は、今回ご紹介した、男性が「もうこの子しかいない」と、マジに思う瞬間を参考にして下さいね。

【画像】

※ Hrecheniuk Oleksii/shutterstock

【関連記事】

※ なんかイケそう!可愛くないのに「なぜかヤりたくなる」女子の特徴

※ 今がチャンス。「春の出会い」を呼び寄せる新習慣3つ

※ 男が放っておかない。「彼氏が途切れない女子」の共通点4つ

※ うわっ…ないわ!男性が「初デート」でドン引きするNG行動

※ 遊び?それともセフレ?「付き合って」を言わない男の心理

※ 異性と付き合いたくなった時の行動パターン【大人の心理テスト】