写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の堀井新太が1日、東京・赤坂サカスのサカスステージで行われたTBS系ドラマ『3人のパパ』(4月19日スタート、毎週水曜23:56〜24:26)の公開制作発表に出席。民放連続ドラマ初主演の堀井は、共演する赤ちゃんの石塚錬くんを抱っこし、"パパ"の顔を見せた。

このドラマは、今を生きる“ゆとり・さとり世代”と呼ばれる男たちが、過去の無責任な行動が原因で赤ちゃんを育てることになり、困難にぶつかりながらも目の前の命と向き合い、共に成長する姿を描くハートフルコメディ。シェアハウスで一緒に暮らす主人公・平林拓人(堀井新太)、羽野恭平(山田裕貴)、岡山朔(三津谷亮)が、突然現れた赤ちゃんの"パパ"として子育てに奮闘する。

堀井は「赤ちゃんが笑っただけでみんなで『天使だね』って。そういう温かい現場でやれているのが幸せです」と話し、「赤ちゃんがいると、僕たちが考えてきた芝居がいい意味で覆される。僕らの芝居で赤ちゃんが笑うとすごいリアリティが生まれたり、そういう奇跡の瞬間がいくつも撮れている」と自信を見せた。

また、「赤ちゃんに教えてもらうことはすごく多い」と言い、「鼻水吸い取り器を芝居で(赤ちゃんに)やって、こういうこともあるだと。育児ってすごい大変なんだなと」としみじみ。「世の中のお父さんお母さん、自分のお父さんお母さんを本当に尊敬しています。すごいなって。よくここまで育ててくれたなと」とあらためて親の偉大さを感じたという。

写真撮影では、堀井に抱っこされて石塚錬くんも登場し、観客から「錬く〜ん!」「かわいい!」という声が。堀井はすっかり抱っこに慣れた様子で、錬くんの鼻水をティッシュでふいてあげたり、"高い高い"をして喜ばせたり、優しい"パパ"の顔を披露。最後に、「本当に錬くんがかわいいので、このドラマは間違いなくおもしろいドラマになると思います。赤ちゃんが主人公といっても過言ではないです」とアピールした。

制作発表には、堀井、錬くんのほか、山田裕貴、三津谷亮、松井愛莉、相楽樹、濱田マリも出席。司会は同局の宇内梨沙アナウンサーが務めた。