待ちに待った、F1 2017シーズンが始まりました! 新しいF1マシン、そしてあの雰囲気はやっぱりサイコー!! 早くサーキットに行きたくなりました。

1

予選で今シーズンも安定の速さを見せつけたメルセデス。ポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン選手(メルセデス)がこのままポール・トゥ・ウィンを飾るかと思いきや、2番手スタートのセバスチャン・ベッテル選手(フェラーリ)が、ピットストップ戦略で逆転優勝! ベッテル選手がポディウムの真ん中に立ったのは、2015年シンガポールGP以来のこと。今シーズンの展開をますます楽しみにさせてくれる、素晴らしいレースでしたよね。

3月30日発売の「F1速報オーストラリアGP号」で、大興奮だった開幕戦の舞台裏を見ていきましょう!

■FOCUS THE GRAND PRIX

バルセロナ合同テストから速さが目だっていたフェラーリ。ついにフェラーリ復活か!? と期待していた方も多いのではないでしょうか。

オーストラリアGPのFP2では、ベッテル選手が首位と僅差の2位、そしてFP3ではトップタイムを叩き出しました。ハミルトン選手は、その速さを誰よりも警戒していたようです。

「FP1の様子からフェラーリが全力を出していないのは分かっていた。だから、FP2で突然彼らが速くなったことに驚いてはいない。今年のフェラーリの速さは本物だ。」

そんなフェラーリですが、昨シーズン半ばにテクニカル・ディレクターのジェームス・アリソンが離脱。その後任としてエンジン部門責任者だったマティア・ピットが就任しました。大物エンジニアが抜けた穴を埋める人材を確保できないままでのシーズンスタートに、不安の声も多かったのだそう。

この状況の中、なぜフェラーリが速くなったのか? 元フェラーリ・ドライバーのイワン・カペリはこう分析しています。

「F1チームにとってテクニカルディレクターの存在はもちろん大切だが、テクニカルディレクターというのは組織のまとめ役。だから、大物を連れてきてもすぐに機能するわけではないんだ。だったら、アリソンの前にテクニカルディレクターを務めていたマティアを復職させたほうがいいというマラネロの判断は理解できる。」

そして、今年のフェラーリマシンSF70Hが速くなったもうひとつの理由を「開発にアリソン以上の大物(ロリー・バーン)が加わっていたから。」とも指摘しています。

ロリー・バーンは過去に何度もチャンピオンマシンを作り上げてきた名デザイナーで、ミハエル・シューマッハーの7度のチャンピオンは、なんとすべてバーンの手がけたマシンだったのだとか! 一時、F1から引退を表明していたそうなのですが、2013年にフェラーリに復帰。アリソンの離脱にともなって、昨年から開発に積極的に関わるようになっていたのだそうです。

名デザイナー、バーンの元で開発が進められたSF70のコンセプトのひとつが「タイヤに優しいマシン」。

そのかいあって、フェラーリは予選でメルセデスに負けてもレースで逆転できる自信があったのだそう。フェラーリ・レースエンジニアのリカルド・アダミはオーストラリアGPでの作戦の意図を説明してくれています。

「もしメルセデスが先行する展開になったら、彼らが自分のペースで走れないようできるだけ後ろからプレッシャーをかけつもりだった。メルセデスを先に動かせてチャンスを狙おうとしたんだ。我々のほうがタイヤに優しいからね。」

チーム体制変更が見事にマッチし、復活したフェラーリ。「オーストラリアGP勝者がその年のワールドチャンピオンになる」というジンクスも、今年のフェラーリなら期待できるかもしれませんね。

■FROM THE PADDOCK UPDATED

F1のパドックって、私たちにとっては夢のような世界。どのような様子なのか、とーっても気になりますよね。そんな私たちのモヤモヤを解消してくれるのが、F1グランプリ全戦を取材している尾張正博さんによる「FROM THE PADDOCK UPDATED」。

パドックは決勝前日までが面白いそうで、水曜日〜土曜日までのパドックの動きをガツンと掘り下げてくれています!

オーストラリアに拠点を置く水処理関連の専門企業「BWTグループ」とパートナーシップを締結し、女性からの人気を集めそうな可愛いピンクカラーのマシンになったフォースインディア。しかし、そのマシンに乗り込んだふたりのドライバーは少しやつれ気味だったのだとか。

一体どうしたのでしょう。チーム内の揉め事? カラーリングが気に食わない?  実は新車の重量が想定よりも重く、バルセロナのテスト後にチームから減量を命じられたと言う、セルジオ・ペレス選手。

「2kg〜3kg落としたんだ。ダウンフォースが増えた新しいマシンに耐えられるよう、ハードなトレーニングを積んで筋肉を増やしてきたけど、今度は余分な肉はそぎ落とさなければならなくなったんだ(苦笑)。」

F1のレギュレーションに「マシンの重量(ドライバーも含む)は燃料を抜いた状態で、グランプリの週末中は常に722kgを下回ってはならない」というルールがあります。マシンの重量が重くなれば、もちろんラップタイムは遅くなってしまいます。そのため、各チーム最低重量ギリギリの線まで軽量化を目指すのですが、マシンの軽量化には限界があるためドライバーも体重制限をしなければいけないのです。

日々のトレーニングに加え、体重制限もあるなんて、F1ドライバーって本当に大変。また、軽ければ軽いほどバラスト(マシン調整用の重り)を好きな場所に搭載することができるので、ドライバーの減量はこの後も続くのだとか。ペレス選手、オコン選手、頑張れー!

「Iceman」のタトゥーがかっこいい、キミ・ライコネン選手(フェラーリ)。最近新たにタトゥーが増えたのをご存知ですか?

なんと、ライコネン選手の左ひじあたりに、愛息子ロビン君のタトゥーが彫られているでのです! 息子のタトゥーを入れてしまうほどの子煩悩振りは、普段のクールなライコネン選手からは想像できませんが、そのギャップがまた魅力的。4月には第2子が誕生予定(奥様の雑誌インタビューによると女の子なのだそう)で、ロビン君は兄になる心構えができており、妹の誕生を心待ちにしているそうですよ。

そして、フィンランド繋がりで今シーズンからメルセデスに移籍したバルテリ・ボッタス選手のエピソードを。

予選を3位で終え、チーム移籍初レースから好調のボッタス選手。予選後の記者会見では「メルセデスのでの初戦を3位で終えたのに、どうしてそんなに不機嫌なのか?」と質問されるほど無表情だったそうなのですが、隣にいたベッテル選手がこう答えたのです。

「フィンランドへ行くと分かるよ。あそこはとても美しい国でいい人たちばかりだけど、みんなこんな感じ。まったく違う世界なんだ。僕は何度もフィンランドに行っているから分かるんだ。このバルテリの表情は、今日は最高に楽しんだという感じだよ。」

確かに、フィンランド出身のライコネン選手とボッタス選手は他のドライバーに比べて無表情。何を考えているのか分からない、ミステリアスな雰囲気ですよね。お国柄だったとは、納得です。

そんなボッタス選手の超貴重な笑顔ショットが「FROM THE PADDOCK UPDATED」に載っているんです! この写真を見てキュンとするF1女子が増えること間違いなし!! ぜひチェックしてみてくださいね。

個人的には長年応援していたジェンソン・バトンが昨シーズンで引退してしまい、今年のF1楽しめるかな…と心配していたのですが、いざ開幕したら、やっぱりF1ってめちゃくちゃおもしろい!

2017 F1第2戦は中国GP(4月9日)です。フェラーリが連勝し完全復活を遂げるのか、それともメルセデスがチャンピオンの意地を見せつけるのか……? 「F1速報オーストラリアGP号」を読んで開幕戦の復習をしながら、楽しみに待ちにたいと思います。

(yuri)

グランプリウィーク丸わかり!F1のパドックは決勝前日までが面白い【F1速報×F1女子〜オーストラリアGP号〜】(http://clicccar.com/2017/04/01/458715/)