[4.1 J2第6節 大分1-1愛媛 大銀ド]

 J2リーグは1日、第6節を行い、大分トリニータと愛媛FCの一戦は1-1で引き分けに終わった。大分は今季初の連勝とはならず、愛媛は5試合白星なし(3分2敗)となった。

 開始から均衡した状況が続く中、大分にアクシデント。前半32分、MF松本怜が左足もも裏あたりを痛め、DF岩田智輝との交代を余儀なくされた。

 スコアレスで折り返した後半13分、愛媛はMF藤田息吹のクロスからMF小池純輝がヘディングシュートもうまくミートできず、枠を外れる。それでも同20分、右サイドから小池がダイレクトで折り返したボールをFW西田剛が右足で合わせ、1-0。開幕戦から勝利がない愛媛が先制に成功した。

 反撃に出る大分は、後半43分にMF國分伸太郎の浮き球パスをFW後藤優介が胸で受け、左足ボレーを放つもGKパク・ソンスのファインセーブに遭う。試合はこのまま終了かと思われたが、同アディショナルタイム4分に相手のクリアミスからPA内で粘り強くキープしたFW林容平が押し込み、同点。大分が土壇場で勝ち点1を獲得した。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第6節1日目 スコア速報