次節、古巣との対決となる中村俊輔

写真拡大

[4.1 J1第5節 磐田3-1清水 エコパ]

 ジュビロ磐田の全3得点に絡んだMF中村俊輔は試合後も冷静だった。

 この日、2列目の右サイドで先発出場した中村は、前半5分に絶妙なふわっとしたFKからDF森下俊のヘディングシュートをアシスト。前半37分には中村のFKからこぼれたボールをMFムサエフが左足ボレーを叩き込んだ。さらに後半開始早々の3分には、中村のパスをFW川又堅碁がワンタッチで中央に折り返し、ゴール前に走り込んだMF川辺駿が右足で流し込み、3-0とした。

 終了間際にはFW鄭大世にスーパーゴールを決められ、完封勝利とはならなかったが、1-3で磐田が4年ぶり開催の静岡ダービーを制した。「ホッとしています。こうやってサポーターと勝利を分かち合えて良かったです」と試合後のインタビューで語った中村。得点シーンについては、「名波さんはFKはキッカーが7割、中が3割と言っていますが、今日は真逆で中が良かったと思います」と得点を決めたチームメイトに感謝した。

 磐田は次節、日産スタジアムで横浜F・マリノスと対戦する。約13年過ごした古巣との一戦に中村は、「普通にやりたいです」と語り、笑顔をみせた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第5節1日目 スコア速報