60歳にして初のテレビレギュラーとなるルイス・ハーサムと、タルラ・ライリー
 - JB Lacroix / WireImage / Getty Images、Steve Granitz / WireImage / Getty Images

写真拡大

 米テレビドラマ「ウエストワールド」のルイス・ハーサムとタルラ・ライリーが、第2シーズンからレギュラーに昇格するとTVLineなどが報じた。

 ルイスは第1シーズンの第6エピソードからドロレス(エヴァン・レイチェル・ウッド)の父親ピーター・アバーナシー役で登場。俳優歴35年のベテラン性格俳優として知られる彼だが、60歳にして初のテレビレギュラーの仕事だそう。同ドラマのヒットのおかげで、映画出演のオファーも増えているそうだ。

 タルラは第2エピソードでウィリアム(ジミ・シンプソン)をウエストワールドに迎えたホスト、アンジェラを演じており、今後も客が最後に目にする顔になる予定だという。タルラは映画『インセプション』『プライドと偏見』などに出演している。

 「ウエストワールド」の第2シーズンは10エピソードから成り、2018年の前半にはアメリカで放送される予定。(澤田理沙)