SUPER☆GiRLSのリーダー、前島亜美が、3月31日、SUPER☆GiRLSを卒業した。

同日、東京・EX THEATER ROPPONGIにて、「SUPER☆GiRLS『前島亜美 〜Graduation☆Ceremony〜』」を開催。当日は平日にも関わらず、前島亜美の最後のアイドル姿を見届けるべく多くのファンが駆けつけた。

イベント冒頭、前島亜美が1人でステージに登場。

「”なんで今卒業するの?!”と思う方も、きっと沢山いると思いますが、間違って伝わって欲しくないなと思うのは、私にとってSUPER☆GiRLSは、本当に大切なグループだと言うことです。この決断をしたからには、私の人生に責任をもって頑張っていきたいと思いますが、スパガの飛躍を心から願っていますし、メンバー皆の幸せを、特に1期のメンバーには幸せになって欲しいなと思っているので、私も新しい道でも頑張っていきたいと思います。今日は、7年間の感謝を胸に精一杯、最後まで頑張りますので皆さん最高の1日にしてください!」と、はっきりとした言葉で前島亜美らしく話した。

すると14人がステージに登場。SUPER☆GiRLS 第2章はじまりの楽曲『花道!!ア〜ンビシャス』にて「宣誓!私たちSUPER☆GiRLSは、清く正しく 100%の笑顔でアイドルの花道を突き進むことを誓います!」と高らかに声を挙げ、ライブはスタート。続いて、『赤い情熱』『女子力←パラダイス』『ラブサマ!!!』とSUPER☆GiRLSの盛り上がり必至の楽曲を歌い上げた。続いて、前島亜美本人にはサプライズで、今までお世話になった前島亜美に縁のある方々からのコメントが流れた。

同じ”iDOL Street”のレーベルの後輩である、Cheeky Parade、GEM、わーすたからに加え、過去にレギュラー番組等でお世話になった、芸人のアンジャッシュ児嶋や、TKOの木本、また同じエイベックス所属の芸人の古坂大魔王からもお祝いのコメントが届いた。前島は、「改めて、多くの方に支えられてたなと思いますし、恩返しできるようにもっと頑張らなきゃなと思いました。」と感謝を話した。

そして、前島亜美がSUPER☆GiRLSに加入前のオーディションの時から歌っている楽曲『絆デイズ』を14人で披露し、会場は感動に包まれた。続いて、『MAX!乙女心』を披露し、会場の盛り上がりは最高潮に。元々ここでライブは終了の予定であったが、残るメンバーから前島にサプライズで、この曲を一緒に歌いたいと、前島が大好きな楽曲『空色のキセキ』を歌うことに。メンバーは涙で声を詰まらせながら、集まった多くのファンと一緒に歌いあげた。

最後に、メンバー1人1人から前島にメッセージが話した。

長尾しおり「前島さんには、今年の夏いっぱいご迷惑をおかけしてしまって、本当に色々なことがあったんですけど、前島さんに注意してもらったおかげでここまで成長できたので、これからもっと成長できるように頑張るので、前島さんも頑張ってください」

阿部夢梨「9ヶ月間、憧れの前島さんと一緒に活動することができて、本当に私にとって人生の宝物です。これからグループは違いますが、前島さんの夢ずっとずっと応援しています。大好きです。ありがとうございました。」

尾澤ルナ「夏とか、1番大変な時に1番相談のってくれて、3期のことをここまで成長させてくれたのは、あみたさんの言葉があったからだと思います。これからもずっと大好きです。ありがとうございました。」

石橋 蛍「私は、あみたさんからSUPER☆GiRLSを知って、このように、あみたさんと同じステージにたてたことが夢のようで幸せな時間でした。ずっとあみたさんの大きな背中を目標に頑張っていくので、あみたさんも頑張ってください。ありがとうございました。」

木戸口桜子「私は、あみたさんに憧れてiDOL Streetに加入して、あみたさんと同じステージに立つことが出来て本当に嬉しかったです。SUPER☆GiRLSに入った時に、『これから一緒に頑張ろうね!』って言ってくれて、私はこれでどこまでも頑張れるなって思いました。あみたさん、これからも頑張ってください!ありがとうございました。」

内村莉彩「あみたさん、今までお疲れ様でした。あみたさんから、アイドルとしては勿論ですけど、人間としても沢山学ぶことができて、あみたさんと一緒に活動することが出来て本当に本当に人生の宝物です。大好きです。ずっと応援してます。ありがとうございました。」

浅川梨奈「私があみたさんを知った時、あみたさんは小学生で、同じ小学生がこうして頑張っている姿をみて、凄く刺激をうけたし、凄く尊敬していて、同じグループに入って色々あったけど、何かある時に”大丈夫?”大丈夫?”とか声をかけてくれたのはあみたさんだったし、沢山支えられて沢山学ばせてもらって、私もいつか、あみたさんを支えられるような存在になれればいいなって思ってたんですけど。これからも学んだことは一生忘れないし、これからもSUPER☆GiRLSを守っていきます。」

渡邉幸愛「あみたさん、3年間本当にありがとうございました。あみたさんは、私にとってずっと憧れの存在でした。唯一、同い年メンバーでもっともっと仲良くなりたかったし、”あみ”って呼びたかったです! (会場から笑いが。前島も「呼んで(笑)」と答えた) 卒業した後、新しい道に進んだら、”あみ”って呼べるくらいの人間になりたいです。本当に7年間、iDOL Street、SUPER☆GiRLSを引っ張ってきてくれて、ありがとうございました。あみたさんがいたから、今このグループがあると思います。本当にずっと大きな背中を見せてくれて、ありがとうございました。SUPER☆GiRLSを引っ張っていけるような存在になれるように、私も頑張っていきます。」

溝手るか「7年間ずっと一緒にいて、仲間というよりも、メンバーというよりも、 なんか家族みたいな不思議な感じで。いるのが当たり前で、泣きたい時に一緒に泣いて、嬉しいときは一緒に喜んで、この7年間、どの思い出を思い出しても、いつもあみたがいたから、明日から同じステージに立てないんだと思うと凄く寂しいです。同期だし、年下だけど、いつも尊敬してたし、いつも真ん中にいたあみたに甘えてた所もあったなと思う。私は、あみたと過ごしてきた7年間を誇りに思うし、凄く幸せだったよ。お互い夢を叶えて、またこうして一緒に何かできる日が来たらいいなと思う。メンバーじゃなくなっても大切な仲間だから、何かあった時は連絡してね!」

田中美麗「あみちゃんとは、オーディションの時からチームが一緒で、私が話しかけたのがきっかけで仲良くしてくれて、一緒にSUPER☆GiRLSになって、最初は同じ関東に住んでたこともあって、”あみれい”とか言って一緒に原宿デートしたら、プリクラ撮ったり、普通の女の子がしそうなことを一緒に経験して、そんなあみたが立派になってグループを引っ張っていて凄い頼もしかったし、「MAX!乙女心」も「女子力←パラダイス」もあみたの後ろで踊ってて、あみたの背中を見て怒涛の7年間を過ごしてきて、SUPER☆GiRLSに前島亜美がいるのが当たり前だと思ってて。そんな中、休養してしまい、復帰したらもうこのステージした一緒に立てないと知って、とても後悔しました。これからももっと踊りたかったって思ったりもしたけど、あみたが決意したことを応援したいと思います。ありがとう。そしてお疲れ様でした。」

宮崎理奈「あみた、卒業おめでとうございます。まさか自分よりも先に卒業しちゃうと思ってなくて、まだ受け入れたくない、それくらいスパガにとってあみたは大事な存在で、スパガ=前島亜美だって私は思ってます。そんな、あみたが作ってくれたSUPER☆GiRLSを、1期、2期、3期で守っていくので、あみたにはやりたい事をやって、幸せになって欲しいなって思います。本当に7年間を語れって言われたら、この時間じゃ足りない。私もあみたみたいに強い人間になれるように頑張るので、これからも道は違うけど頑張って行きましょう!」

渡邉ひかる「あみたは最年少としてSUPER☆GiRLSに入ってきたけど、気がついたらセンター、エースとして頑張ってて、グループを引っ張ってて、凄く刺激を受けたし尊敬してました。私が何か悩んだ時、苦しかった時、まっすぐな言葉で、”ひかるちゃんのこと好きだよ””ひかるちゃんのダンスが好きだよ”と言ってくれた言葉に支えられてました。その分、あみたに何か出来たのかなって思うと分からないけど、私があみたがずっと大好きだし、こうして今日想いを伝えることが出来て、とても嬉しいです。これからもずっと仲間だし、連絡してください。ありがとうございました。」

志村理佳「あみたは何でも器用にこなすし、皆の前では強いあみたでいるから、皆もあみたならって思うけど、でもあみたは本当は弱いし不器用な所もあって、だから1人で抱えちゃうし。でも、”エース” “センター” “リーダー” で、iDOL Street、SUPER☆GiRLSを背負ってきてくれて。そんなあみたの事、全然支えてあげられてなくて本当にごめんなさい。卒業しても、メンバーがいるし、これだけの沢山応援してくれる人がいて、卒業しても1人じゃないよ。今まで、沢山頑張ってきれくれた分、これからはあみたのペースで歩んでいってください。7年間ありがとうございました!」

それぞれが涙ながらに前島亜美に言葉を送った。

最後に、前島は「前島亜美を愛してくれた全ての皆さんに感謝しています!SUPER☆GiRLSの”あみた”としてやりきりました!!本当にありがとうございました!以上、SUPER☆GiRLSでしたー!」と元気に挨拶し、イベントは感動の中幕を下ろした。

前島亜美は、2010年にSUPER☆GiRLSに加入。加入当初は最年少メンバーで12歳であったが、約7年の活動を経て、現在19歳でリーダーを務めていた。人気も高く、SUPER☆GiRLSの絶対的なエースであった。今後はソロとして芸能活動を続け、8月には舞台の出演が決定している。