柏が開幕戦以来の勝利で今季2勝目! 開始25秒弾含む2発で広島撃破《J1》

写真拡大

▽明治安田生命J1リーグ第5節のサンフレッチェ広島vs柏レイソルの試合が1日にエディオンスタジアム広島で行われ、0-2で柏が勝利した。

▽開幕から未だ白星のない17位の広島と、開幕戦白星も3連敗中の柏が激突した。早く1勝が欲しい広島は、前節のスタメンから3選手を変更。ウイングバックに置かれた高橋は初の先発出場を果たした。柏は前節から4選手を変更。クリスティアーノがベンチスタートとなった。

▽試合は早々に動く。右サイドから攻め込まれた広島は、林がクリアミス。ボールを拾った大谷がGK不在のゴールマウスに狙い澄ましたロングシュートを決め、開始25秒で柏が先制した。

▽出鼻をくじかれた広島だが、5分にビッグチャンスが訪れる。工藤がスルーパスに飛び出し、GKとの一対一を迎えるも、GK中村の鋭い飛び出しによってシュートが阻まれた。12分にも右サイドの高橋のクロスから、工藤が打点の高いヘディングシュート。これはGK正面で中村に難なくキャッチされる。

▽序盤は一進一退の攻防が続いたが、徐々に柏が試合のペースを掴んでいく。柏の早いチェックに苦しむ広島。なかなかシュートまで攻撃が繫がらない。一方で、柏はサイド攻撃からチャンスを生み出す。26分にはボックス左手前からのクロスに武富が頭で合わせシュート。ここは林が右手一本での好セーブで何とか凌ぐ。前半は柏が終始ペースを握り、広島はそれに耐えるという展開になった。

▽迎えた後半、早く1点を取り返したい広島は62分、自陣からうまくボールを繋ぎ、左サイドの清水にボールを供給。中に切れ込んでのシュートは中村のファインセーブによって阻まれた。後半に入って徐々に流れを掴みかけていた広島だったが、76分、柏に追加点を許してしまう。ゴール前で裏へのパスに反応した伊東を林が倒してしまいPKを献上。これをディエゴ・オリヴェイラが確実に決めて、今季2点目となる追加点を手にした。

▽2失点を喫した広島はその後もこれと言ってチャンスを作り出せず、結局ホームで0-2と敗戦。開幕以降未だ白星を得られていない。一方、柏は開幕戦以来の白星で勝ち点を6に伸ばしている。