周りを眺めてみると、本人は伝えられないけど「この人、多分恋できないんだろうなぁ」と老婆心ながら勝手に思ってしまう人は、いませんか?

見た目は可愛らしくても、行動を見ていると「難あり」と認めざるを得ない女性がいるはず……。もしかしたら、あなたも周りにそう思われている可能性も!?

そこで今回は、この人恋できないんじゃ?と思われる行動をご紹介いたします。

恋愛=結婚と思いすぎている

20代30代の独身女子にとっては「婚活」は1つのテーマ。もちろんがむしゃらに働き、しばらくはキャリア優先と割り切ってがんばっている方もいらっしゃるでしょう。ただ、一般的には20代〜30代女性は結婚適齢期に値する年齢と思われており、元々家庭への憧れが強い場合は、1日でも早く結婚相手を見つけたくて仕方がないはず。

結婚への焦りがあまりにも強すぎると、恋愛もなぜかうまくいかなくなるものです。おそらく、男性陣からは結婚に対して執着している姿をみた瞬間に引いてしまうのでしょう。恋愛=結婚ではありますが、お付き合いを始めた時点から「結婚」という言葉を口にするのは、さすがにマズいかも……。

「私なんか」が口癖

「この人恋愛ができないんじゃ」と思われる人の外見は、みんなバラバラ。ただ、見た目は可愛らしくても、どこかオーラがどんよりしている方が多くいらっしゃいませんか?

せっかくデートをしても「私なんか」が口癖で、彼から「何が食べたい?」「どこ行きたい?」と言われても「何でもいいです……」と自分の意見すら伝えられずに、結局ネガティブさが彼にも伝わり、2回目以降のデートも誘ってもらえなくなる……。デートが1回きりで終わってしまうなら、間違いなく、負のオーラが原因でしょう。

好きな人との距離感がつかめない

恋愛経験があまり豊富でない場合、好きな人との距離がつかめずに、いきなり距離を縮めてしまう人も多いようです。たしかに周りを見渡してみると、恋愛経験があまりない女性が恋モードになると、まさに「恋は盲目」状態になり、自分がのろけていることさえにも気がつかないほど……。

好きな人ができていきなり距離を縮めてしまえば、あなたがどんなに人格者であっても、相手はあなたと距離をとりたがるでしょう。恋愛が思うようにいかないなら、それは空気を読まずに距離を縮めている可能性が高いです。そのまま突っ走らないように気をつけて!

友人が恋人代わりになってしまっている

20代ならともかく、30代近くにもなって友だちとベッタリな付き合いをしている人は意外と多いもの。SNSに「また来週会うんだ!」「#毎週会う仲」「親友です」とやたらと充実しているアピールをする人もいますが、友人が彼氏代わりになってしまうのは危険!

もちろん、これから長い人生を過ごしていくうえでは親友の存在も欠かせませんが、いざとなったときに頼りになるのは、やはり旦那さん。べったりなお付き合いの仕方はそのままで構いませんが、せめて彼氏がいない状況を改善できるように自分なりに努力をしてみましょう。

わざわざ恋人をつくる必要がない

バリバリのキャリアウーマン。料理もできるし家事もできるし、実家暮らしでもよかったのに、わざわざ一人暮らしをしている。

多趣味で、手先も器用で、運動も楽しんでいて、友だちや男友達にも囲まれて……。

あまりにも充実していて、なおかつ「カッコいい」の度が過ぎると、周りからしてみれば「この人は恋ができなさそう」と思われている可能性が高いでしょう。ただし、今までに紹介した例とは異なり、どちらかといえば、ポジティブな印象をもたれる場合が多いはず。あとは、仕事へのエネルギーをほんの少しだけでも恋愛に割けられたら、さらに充実するかも!?

とりあえず、負のオーラは払拭しておきましょう。

いかがでしたか?

ネガティブ・ポジティブに関係なく、恋愛ができない女性たちは知らず知らずのうちに、自分でチャンスを遠ざけています。周りから「かわいそう!」と思われるのではなく「がんばっているから誰か紹介してあげたい」と応援してもらえるように、マイナスオーラは払拭しましょう!