萩生田光一官房副長官

写真拡大

(東京 1日 中央社)萩生田光一官房副長官は3月31日、台北駐日経済文化代表処が東京都内の駐日代表官邸で開催した日台交流の音楽会に出席し、日本にとって台湾は重要でかけがえのない友人だと述べた。

萩生田氏はあいさつの中で、自身の選挙区の八王子市が高雄市と友好交流協定を締結していることに触れ、台湾に行くことは親戚の家に行くようなものだと紹介。日台間では1日に約1万7000人が行き来しており、日台関係は新時代に突入したと言えると語った。

さらに、日本にとって台湾は重要な友人であり、同様の価値観を共有しているパートナーであると指摘し、平和に向けた協力の継続や日台交流の拡大に期待を示した。

会場では、台湾のピアニスト、葉緑娜さんや声楽家の萬禎平さん、日本のソプラノ歌手、七澤結さんらが日台の名曲を披露した。

音楽会終了後、謝長廷駐日代表(大使に相当)は、音楽演奏を通じ、双方の文化には多くの共通点が存在し、心の奥底でつながるものが多くあると分かったと話し、イベントの成功を喜んだ。

(楊明珠/編集:名切千絵)