NCAA女子バスケットボール・トーナメント準決勝、コネティカット大学対ミシシッピ州立大学。チームメートと勝利を喜ぶミシシッピ州立大学のモーガン・ウィリアム(右、2017年3月31日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】NCAA女子バスケットボール・トーナメント(2017 NCAA Women's Basketball Tournament)は31日、テキサス(Texas)州ダラス(Dallas)のアメリカン・エアラインズ・センター(American Airlines Center)でファイナル4(Final Four)の試合が行われ、コネティカット大学(University of Connecticut)がミシシッピ州立大学(Mississippi State University)とのオーバータイムの末に64-66で敗れ、歴代最長の連勝記録が111で途切れた。

 オーバータイムにもつれ込んだこの日の準決勝で、ミシシッピ州立大はガードのモーガン・ウィリアム(Morgan William)が約3メートルのジャンプシュートでブザービーターを決め、劇的勝利を飾った。

 64-62でリードしていたミシシッピ州立大は、ガードのドミニク・ディリンガム(Dominique Dillingham)がフレグラントファウルを取られ、コネティカット大のケイティ・ルー・サミュエルソン(Katie Lou Samuelson)にフリースローを献上し、オーバータイムの試合時間残り26.6秒で同点に追いつかれた。

 しかし、その後コネティカット大はターンオーバーを犯してミシシッピ州立大にボールを奪われ、ウィリアムの決勝シュートをお膳立てしてしまった。

 大会4連覇中で、10年連続でベスト4入りを果たしているコネティカット大は、2014年11月17日以降試合に負けていなかった。同大は2008年から2010年にかけて当時の歴代最長記録となる90連勝を果たしており、今回の111連勝でその記録を塗り替えていた。

 勝ったミシシッピ州立大は、2日に行われる決勝でサウスカロライナ大学(University of South Carolina)と対戦することが決まった。サウスカロライナ大は、準決勝でスタンフォード大学(Stanford University)に62-53で勝利した。
【翻訳編集】AFPBB News