VIXX ホンビン&チン・ギジュ出演ドラマ「水曜日の午後3時30分」台本読み合わせ現場が公開

写真拡大

VIXXのメンバーホンビンと女優チン・ギジュがミニドラマ「水曜日の午後3時30分」で共演する。彼らは最近台本の読み合わせを行った。

SBS Plusの新ドラマ「水曜日の午後3時30分」(脚本:イ・ソウン、演出イ・ジョンフン) のホンビン、チン・ギジュ、アン・ボヒョン、チャ・ジョンウォン、キム・ヘジ、チョ・スンヒ、イム・トゥチョルは最近SBSプリズムタワーで初の台本読み合わせを行った。

Q-Grader(コーヒー鑑別士) ユン・ジェウォン役を務めるホンビンは、元気な魅力溢れるキャラクターを演じるだけに、台本読み合わせ現場の雰囲気を盛り上げた。残酷に別れを告げられた会社員ソン・ウヌ役のチン・ギジュも、ホンビンと言い争うシーンをリアルに演じながら現場に生動感を吹き込んだ。

ホンビンに片思いをするコン・ナヨン役のチャ・ジョンウォン、チン・ギジュを捨てた元恋人ペク・スンギュ役のアン・ボヒョン、チン・ギジュの彼氏を奪ったキム・ヘウォン役のキム・ヘジも熱演を披露しながら台本読み合わせ現場を盛り上げた。

「水曜日の午後3時30分」は、実際の研究結果で証明された「女性が最も老けて見える時間」という意味が込められている。人生の“水曜日の午後3時30分”を過ごす人々に甘く楽しい時間を届ける予定だ。

またSNSフラットフォームを通じて愛の感情を他人に直・間接的に露出しながら駆け引きをする姿はSNS時代を生きている視聴者たちの共感を得るとみられる。

「水曜日の午後3時30分」は慶尚北道(キョンサンブクド) 、慶尚北道観光公社が制作を支援する。5月にSBS Plusとオンライン、モバイルプラットフォームで公開される。