小林悠が2得点をアシストした

写真拡大

[4.1 J1第5節 仙台0-2川崎F ユアスタ]

 J1リーグは1日、第5節1日目を行った。ユアテックスタジアム仙台では、ベガルタ仙台と川崎フロンターレが対戦し、2-0で川崎Fが勝利した。

 開幕から5試合連続で同じ11人を送り込んだ仙台は前半11分、MF三田啓貴がDF車屋紳太郎に倒され、ペナルティーアーク手前でFKを獲得。これをMF梁勇基が右足で直接狙うが、クロスバー上に外れてしまう。

 一方、川崎Fは今季初先発のMFハイネルが積極的にゴールに迫り、攻撃のリズムを作ると、前半27分に先制のゴールネットを揺らす。ハイネルの縦パスで右サイドを抜け出したFW小林悠がライン際から中央に折り返し、FW長谷川竜也が右足で合わせ、先制点。今季初先発の長谷川が今季初ゴールを決めた。

 1点リードで後半を迎えた川崎Fは、立ち上がりからハイネルと小林悠が立て続けにシュートを浴びせ、追加点を狙いに行く。しかし、同8分にアクシデント発生。MF大島僚太は担架で運ばれてピッチを後にし、MF森谷賢太郎との交代を余儀なくされた。

 川崎Fは後半17分、中村のパスをPA手前で受けた小林悠が反転から左足を振り抜くも、GK関憲太郎が弾いたボールは左ポストを叩く。こぼれ球に中村が反応するも角度はなく、ゴールネットを揺らすことはできなかった。

 仙台は後半22分に梁勇基を下げてFWクリスランを投入。同30分にはクリスランがドリブル突破からチャンスを作るも1点が遠い。すると、終盤に痛恨の失点を喫してしまう。川崎Fは後半37分、ハイネルのパスを右サイドで受けた小林悠が深い位置から強引に中央へ切れ込み、PA右からのラストパスを森谷が右足で合わせ、2-0と突き放した。

 その後、余裕が生まれた川崎Fは後半アディショナルタイム2分に中村に代えて、愛知学院大から加入したFW知念慶が入り、Jデビュー。試合はそのまま2-0で終了し、負傷者続出の川崎Fが2試合ぶりの白星を飾った。一方で仙台は2試合ぶりの黒星となった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第5節1日目 スコア速報