松本、宮阪の直接FK弾などで完封勝利…徳島の連勝は3でストップ

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第6節が1日に行われ、徳島ヴォルティスと松本山雅FCが対戦した。

 前半をスコアレスで折り返し迎えた52分、石原崇兆のグラウンダーのクロスにファーサイドの工藤浩平が飛び込み、アウェイの松本が先制点を奪う。さらに64分には宮阪政樹が直接FKを叩き込み、松本がさらにリードを広げる。

 試合は0−2で終了。松本は2試合ぶりの白星。徳島の連勝は3でストップした。

 次節、徳島はアウェイでレノファ山口FCと、松本はホームでV・ファーレン長崎と対戦する。

【スコア】
徳島ヴォルティス 0−2 松本山雅FC

【得点者】
0−1 52分 工藤浩平(松本)
0−2 64分 宮阪政樹(松本)