広島、ホームで敗れ開幕5試合白星なし…柏が大谷の開始30秒弾などで勝利

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第5節が4月1日に行われ、サンフレッチェ広島と柏レイソルが対戦した。

 試合は早い時間に動く。開始からわずか30秒、柏が左サイドにロングボールを放り込むと、広島GK林卓人がエリア外に飛び出してクリアしたが、このボールを拾ったディエゴ・オリヴェイラが後方へ落とし、大谷秀和がロングシュート。これがゴールに吸い込まれ。柏が先制に成功した。

 1点リードの柏は広島に反撃を許さず時計の針を進めると、76分に追加点を奪う。エリア内に抜け出した伊東純也がGKに倒されてPKを獲得し、これをディエゴ・オリヴェイラがきっちりとゴール左に沈めた。

 逃げ切りを図る柏は87分、中川寛斗に代えて7年ぶりのJリーグ復帰を果たした細貝萌を投入。このまま無失点で試合を終え、2−0で勝利を収めた。一方、広島は開幕から5試合未勝利となった。

 次節、広島は7日に敵地でガンバ大阪と、柏は8日にホームで清水エスパルスと対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 0−2 柏レイソル

【得点者】
0−1 1分 大谷秀和(柏)
0−2 76分 ディエゴ・オリヴェイラ(PK)(柏)