写真提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建とモデルの佐藤栞里が1日、TBS系情報番組『王様のブランチ』(毎週土曜9:30〜)に新MCとして初出演。放送終了後に取材に応じ、感想を語った。

渡部は「1回終わるのにこんな大変なんだと」と初回を振り返り、「終わってから台本の放送回数を見てゾッとしました。こんな歴史ある番組をやらせていただけたんだと身に染みましたね」とコメント。「放送自体は、栞里ちゃんともほかのメンバーとも楽しくやらせていただきました」と充実した表情を見せた。

佐藤は「最初は不安の方が大きかったんですけど、今は率直に『楽しかったー!』って言えるくらい楽しい空間でした」と笑顔。渡部が「栞里ちゃんの持って生まれた絶大なる好感度をなんとか吸い上げたい(笑)。横にいて楽。こういう空気感はすごいやりやすいので、自分にあったらと思います」と絶賛すると、佐藤は「わーうれしい!」と感激した。

渡部はまた「MCという意識はあまり持たないようにと思っている」と告白し、「バシバシ仕切ってバンバン振ってというより、楽しくしゃべれればというのを心がけたい」と説明。佐藤も「その通りだと思います」と同調し、「おしゃべりが本当に下手くそなので、今回のセットはすごいありがたい。家族団らんみたいな感じで、お話ししながら自分のことも言葉にできるのですごいありがたいです」と語った。

取材には、新レギュラーメンバーに加わったオリエンタルラジオの藤森慎吾とモデルの大友花恋も出席した。