NCT DREAM マーク「アイドルに対する偏見を感じていた」

写真拡大

「高等ラッパー」NCTのマークがアイドルという偏見のため苦労したと打ち明けた。

韓国で31日に放送されたMnet「高等ラッパー」では、参加者たちのファイナルマッチが行われた。この日のテーマは「手紙」で、参加者たちは誰かに送るメッセージを歌詞に反映させ、特別な意味を与えた。

マークは自身と同年代の高校生たちに送るメッセージを音楽に盛り込んだ。

メント(指導する側) であるソ・チュルグは、アイドルであることに対する偏見と視線のため辛くはなかったのかと聞き、マークは「実は最初の頃少し感じていた。そのような視線のため、より辛いと感じるところはあった」と話した。

そう話しながらも「その分もっと練習し、心構えを変えて取り組むようになった」と伝えた。