「ワンライン」ZE:A シワンが語る #興行 #軍入隊 #グァンヒ

写真拡大 (全3枚)

「『ワンライン』を通じて、初めて演技のスタイルに変化を与えたという点で意味がある」

ZE:Aのシワンは先日、ソウル八判洞(パルパンドン) のカフェで行われたインタビューで「興行成績については欲を出さない。興行は自分でどうすることもできない部分であるためだ。興行については心配していない」とし、公開を控えた感想を明らかにした。

最近韓国で公開された映画「ワンライン」(監督:ヤン・ギョンモ) で観客たちに会う。さまざまな作品で、優しくまっすぐなキャラクターを務めてきた彼が、詐欺師に変身した点で注目を集めている。

「ワンライン」は、平凡だった大学生ミンジェ(シワン) が伝説のベテラン詐欺師チャン課長(チン・グ) に会い、すべてを偽って銀行の金をだまし取る新種犯罪詐欺団に合流して繰り広げる、スリル感たっぷりの予測不能の犯罪娯楽映画だ。ミンジェがいわゆる”作業ローン”界の伝説のチャン課長に会い、業界の新星に生まれ変わる。

シワンはチン・グとの共演に対して、「兄さんは僕が以前から本当に尊敬していた俳優だ。映画『標的』でトゥレット障害(精神疾患の一つ) を持つ役を演じたのを見て印象深く思った。チン・グ兄さんは現場で周りに配慮する俳優だ。スタッフにすごく気を配るし、僕の緊張を和らげてくれた」とし、感謝の気持ちを表した。

シワンはデビュー作の映画「弁護人」で観客1千万人を動員したが、その後「戦場のメロディ」では期待を下回る成績を記録した。

興行に関して、シワンは「『戦場のメロディ』のときは、すでに1千万という数字を経験した後だったため、天災地変がないかぎり、それを上回ることはできないと思っていた。今回も数字については考えていない」と伝えた。

また、「一番気にしているのは、観客が見た時、(演技的に) 恥ずかしくない役をしようという部分だ。しかし、その目標はことごとく失敗する(笑) 自分で自分の演技に満足するようになるには、もう少し時間が必要だ」と謙虚な姿勢を見せた。

「まだチャレンジすべき時期だと思っている。演技をしながら、表現が過度になる場合もあるかもしれないが、それが怖くてやらないままだと進展がないと思った。留まっているのではなく、もっと挑んでみようと自然に思った。失敗しても進展を図ろうと思う」

現在、シワンはMBC月火ドラマ「王は愛する」の撮影中であり、まだ公開を控えている映画「不汗党」も残っている。しかし先日、今年6月に入隊するというニュースが伝えられた。

シワンは「軍隊に行く前まで、ファンにより多くの姿を披露しなければならないと思っている。最初から行かなければならないと思ってはいたが、さまざまな利害関係が絡んでいたため、簡単に行くというわけにはいかなかった。軍隊に行くべきだとは思っているが、プレッシャーはない。しかし、これ以上宿題をやっていないような気持ちではいたくはない」と、入隊について打ち明けた。

シワンは、tvNドラマ「ミセン-未生-」で共演したカン・ソラが所属するPlumエンターテインメントと専属契約をめぐって最終的な調整段階に入った。すでにスケジュールの管理、作品の選定などをPlumエンターテインメントが担当している。これに対して、シワンは「カン・ソラとの縁が影響を与えたし、元々Plumエンターテインメントの代表と知り合いだ」と説明した。

シワンはZE:Aのメンバーに深い愛情を持っているが、特に同い年のグァンヒに対する愛情は格別だ。軍入隊を控えた当時も、元気に行ってくるようにというメッセージを伝え、仲良しの兄弟のような姿を見せた。

「実は、僕は学生時代から『無限に挑戦』を見てきたが、最も親しいグァンヒがオーディションを受けてメンバーとして合流すると、『いつの間にか僕は放送業界に深く足を踏み入れていたんだな』と思った。『無限に挑戦』は、幼い頃からストレスを解消させてくれる存在だったが、グァンヒがメンバーに入って、僕にはもうバラエティ番組ではなくなってしまった(笑) 幼い頃に見ていたバラエティとして見たかったけど、意図せず自分の名前も登場したりして。ハハ。グァンヒが上手くやっている姿を見て、本当にすごいと思っている」

これに対して「グァンヒの不在を埋める気はあるか」という冗談交じりの質問に、「ない。僕があえてなぜ(笑) 僕はやらなければならないことがすごく多い」とし、笑いを誘った。