(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(図解追加)日本の捕鯨船団が南極海(Southern Ocean)での調査捕鯨を終え、捕鯨船5隻のうち調査母船「日新丸(Nisshin Maru)」を含む3隻が3月31日、山口県下関市の港に帰港した。水産庁が発表した。捕鯨船は昨年11月に南極海に向けて出港し、当初の計画通りミンククジラ333頭を捕獲した。

 調査捕鯨活動はこれまで、国際水域で反捕鯨団体「シー・シェパード(Sea Shepherd)」による妨害をたびたび受けてきた。

 しかしある水産庁職員は、今回はシー・シェパードのメンバーから捕鯨船の安全を脅かすような妨害行為は受けなかったと述べ、理由の一つとして、捕鯨船団を守る監視船の派遣を開始したことを挙げた。
【翻訳編集】AFPBB News