プロ野球がセ・パ同時開幕 巨人は5年連続開幕戦勝利

写真拡大

 プロ野球のペナントレースが31日、セ・パ同時開幕した。東京ドームで開幕を迎えた巨人は、阿部慎之助、坂本勇人の2ランなどで着実に加点。中日先発の大野雄大を攻略して、開幕戦を勝利で飾った。

■試合経過 開幕投手は、巨人が初となるマイコラス、中日は2年連続となる大野。巨人は、初回から4番・阿部の2ランが飛び出して先制。3回には阿部、マギーの連続適時打で2点を追加し、4-0とリードを広げた。

 中日も5回表に遠藤一星、京田陽太の連続安打をきっかけに杉山翔大の犠牲フライ、続く大野の2塁ゴロを中井大介が後逸する間に京田がホームイン。2点を返したものの、その裏に巨人が3番・坂本の2ランにより6-2とし、再びリードを4点に広げた。

 マイコラスは7回を2失点(自責点1)に抑え、8回はマシソン、9回は新外国人投手のカミネロとつなぎ、巨人は、開幕戦連勝を球団最多タイの5に伸ばした。

●セ・リーグその他の試合結果 広島-阪神(マツダスタジアム)

 阪神は序盤の集中打で、ジョンソンを攻略。4回までに7点をあげた。終盤にもたついて反撃を許したものの、最後は何とか振り切って10-6で勝利。広島は3年連続ホームで開幕を迎えたものの、3年連続の黒星発進となった。

 ヤクルト-DeNA(神宮球場)

 0-0で迎えた4回。ヤクルトはバレンティンの安打を皮切りに、雄平もヒットで続く。中村悠平と西浦直亨の連続適時打で2点を先制。5回にはバレンティンのタイムリーでリードを3点に広げた。

 DeNAも6回にロペスの2ランで1点差に迫ったものの、7回と8回に3点ずつ加点したヤクルトが9-2で快勝した。