写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の小栗旬と西島秀俊がこのほど、共演する関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(11日スタート、毎週火曜21:00〜21:54)の取材に応じ、小栗が西島に「大好きだからずっとそばにいたい」とラブコールを送った。

このドラマは、『SP』シリーズなどの金城一紀氏が脚本を務め、5年前から構想を練ってきた作品。主演の小栗演じる稲見朗、西島演じる田丸三郎ら、人に言えない過去を持つ公安機動捜査隊特捜班の面々が、これまでの警察ドラマの常識を越える規格外の事件に挑んでいく姿を描いていく。「カリ・シラット」という武術を取り入れた激しいアクションも見どころだ。

そのアクションにも、それぞれのキャラクターが出ているそうで、小栗は「すごい変な言い方をすると、ドラゴンボールの悟空みたい。戦っているうちに楽しくなってきちゃって、本来の目的を若干忘れ始めちゃう(笑)」と紹介し、西島も「小栗くんは、周りをどんどん破壊していくようなアクション」と表現。

一方の西島は「僕は冷静にどんどん犯人を捕まえていく感じ」と言い、小栗は「西島さんは基本一撃で相手の意識を飛ばす。確実に急所を突きに行ってるから、残酷なんですよ」と補足した。アクションシーンは全く妥協がないそうで、「まぁ大変ですね。全然OKが出ないんですが、それだけこだわってやらせてもらえるのはなかなかない」と貴重な現場を実感しているようだ。

ちなみに小栗は、稲見が田丸のことを「若干"むっつりスケベ"だと思ってます。ちょこちょこ芝居にも出てきます」と言い、稲見自身は「どちらかと言うと、"オープンスケベ"です」と、対照的な内面の性格を明かしている。

今回、民放連続ドラマ初共演となる2人だが、小栗は西島を「一定のクオリティを保ちながら、朝イチからしっかりした顔で立っているのを見るなど、プロだなって思うことは結構いっぱいあります。なのに、おしゃべりに夢中になると話を聞かなくなっちゃう(笑)」と意外な一面を暴露。もともとストイックなイメージを抱いていただけに「こんなにチャーミングな方だとは思わなかったです。もう大好きだからすごいそばにいたい(笑)」と告白した。

小栗から西島によく電話もかけるそうで、小栗は「時々『秀俊さん』って呼んでるんですけど、そうすると『下で呼ぶな』って言われるんです。でも、距離感を徐々に詰めて、最終的には『秀兄(ひでにい)』って呼びたい」と野望を見せたが、西島は「まだちょっとね(笑)」と、距離感を保ちたがっている様子だ。

それでも西島は、小栗に対して「自分からどんどん高い壁に向かって突き進んで、それを乗り越えてきたんだなっていうエネルギーをすごい感じるし、演技するだけでなくて、作品をどんどんクリエイトする力を感じる」と称賛。「うらやましいし、学ぶことがいっぱいある」と、一回り年下の小栗から刺激を受けていることを語った。