山下智久が3月29日、自身がMCを務めるInterFM『Sound Tripper!』のなかで、タッキー&翼の滝沢秀明への感謝を口にした。

 3月29日は滝沢の誕生日ということもあり、山下は「滝沢君おめでとう、いえい!」と元気よく祝福の声を挙げ、「子供の時からお世話になってます」と滝沢とのエピソードに触れた。

 滝沢の自宅を訪問した際には、「タッキーが料理を作ってくれて、嵐の相葉君とか、二宮君とかも来て、みんなで鍋パーティーをするという」と相葉雅紀や二宮和也らを交えて親交を温めたという。

 そして、「その後、なぜか腹筋するという」と不思議なエピソードを笑いながら話し、「懐かしいですけどね」と滝沢との思い出を楽しそうに語った。

 山下はジャニーズに入るきっかけも滝沢だったことを話す。さらに、「山Pの名付け親も滝沢君」と自身のニックネームである“山P”の由来が滝沢にあることを話し、「タッキーなくして今の僕はいないんじゃないかなと」と滝沢に対する敬意を語った。

 仮に“山P”のニックネームを滝沢が付けていなかった場合として、山下は「全然違うキャラクターになってたんだろうなって」と今とは異なる姿になっていたと推測する。

 山下は名前の力の大きさを指摘しながら、「“山さん”とかだったら、なんか難しいラインになってくるよね、アイドル感に欠けるというか」と続け、「“P”が付くから、“P”に後押しされてる感じがする」と自身のニックネームに潜んだ魅力を語っていた。