20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のマツエクサロンで働いている三上直子さん(仮名・37歳)。切れ長の瞳に黒ぶちの眼鏡が良く似合う、第一印象は知的なイメージがする美人です。服装、持ち物にブランド物はないものの、蛍光色など目を引く装飾品が多く、どこか個性的な印象を受けます。その個性的なところに敬遠してしまう男性もいそうですが、美人なのでまったく異性に相手にされないということはなさそうです。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は大阪の下町で、両親と4歳上に兄がいる4人家族です。両親とも穏やかな人ですね。普通に悪いことをしたらもちろん怒られましたが、両親同士のケンカも、仕事など外でのトラブルで怒っていた姿などは、あまり記憶にありません。兄も温厚な性格でしたね。4歳上なので、そこまでケンカをした記憶もないです。そんな家庭で育ったせいか、私もそこまで感情を表に出すことはなかった気がします。学生時代はすごい腹が立つことがあっても、まぁ仕方ないかと怒りが収まるまでは誰にも言わずに、ただ時が経つのを待つようなタイプでしたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校2年の時です。同じクラスのサッカー部の人でした。1年の時から同じクラスで、ずっと好きだった人です。仲はずっと良かったので、告白してきてくれた時はすごくうれしかったことを覚えています。彼は、顔はカッコ良くはないんですが、サッカー部のエース的な存在の人で、身長も高かったので人気はありました。後輩の一部の女子からキャーキャー言われたりしていましたね。なので、優越感というか、付き合えたことで気分は良かったし、幸せでした。

でも、彼とは1年ほどで別れました。3年になってクラスが離れてしまい、同じ学校なのに疎遠になってしまって……。今振り返ると、お互いが連絡を待つタイプだったのかもしれません。私のほうからばっかり連絡するのは、どこか恥ずかしいことだと思っていたんですよね」

その後、直子さんは大阪の美容専門学校に進学し、美容師を目指します。

付き合うって、こんなもの?感情が乱されるほどの恋はしたことがなかった

「美容師になりたかった理由は、元々おしゃれが好きで、人の髪の毛をいじるのが好きだったからです。勉強も好きじゃなかったですしね。専門学校時代は日々レッスンで、2年になってからはインターンとして美容院を手伝いに行ったりしていたため、すごく忙しかったです。

そんな中でも、同じ美容学校のクラスメイトと付き合ったりしていました。美容学校って個性的なおしゃれを好む人が多くて、その中で私は地味だったんですよ。なので、無理して個性的なおしゃれを頑張り、学校でも派手でカッコいいと言われていたグループの男子に告白されたら、好きでもなかったけど付き合っていました。彼のことは付き合っていく中で好きにはなりましたが、高校時代から付き合いというのはこんな感じなんだなと、特に感情が乱されるような付き合いにはならなかったですね。そんな彼とも学校の卒業を機に、揉めることもなく話し合いで別れました」

卒業後には大阪市内の美容院に就職。そこで初めて、ずっと一緒にいたいと思える人に出会います。

「就職した美容院では、合計20人弱ぐらいの美容師が働いており、新卒で入ったのは私ともう1人の女性の2人だけでした。そして、そこで少しずつカットを始めていた4歳上の先輩に恋をしました。彼はモノトーン系の服装が良く似合う、華奢で中性的な雰囲気のする男性でした。でも、手などはゴツゴツしていたり、力仕事などは変わってくれたりと男性的な部分はすごいカッコ良くて……。そこに就職して2か月ほどで好きになっていたんですが、さすがに同じ職場でアピールをして振られた時のことを考えると、何も行動できませんでした。

半年ほどはそのままだったんですが、偶然一緒に帰る機会があり、その時に手をつながれて、お互いが気持ちを言い合って両想いだったので付き合うことになりました。そこからは、彼にのめり込んでいきましたね。親に嘘をついて彼の家にころがりこんで、職場でも家でも常に一緒にいました。彼もそんな私を受け入れたんです。そんな関係が2年ほど続いたうちに、彼が東京の美容院で働きたいと言ってきました。そして私は、彼に付いて東京に行くことを打ち明けられたその日に決めました。一切の迷いがないくらい、彼が好きだったんですけどね……」

きっと幸せになれる!と自信満々で上京を決意した直子さんですが、彼女の犯した行動で未来は大きく変わっていきます。

彼と一緒にいることで私はもっと幸せになれる!その根拠のない確信を元に彼女の行動はさらにエスカレートしていきます。彼が人生の1番で何が悪い!!恋愛見切り発車女〜その2〜に続きます。