人間性に引くわ…。男子が彼女を「この人、醜いかも」と思ってしまう瞬間

写真拡大



あなたは、カレのことを軽蔑しかけたことはありますか?当然恋人のことは好きなわけだけど、そんななかでも、ときおり「この人って……」と人間性を疑ってしまう瞬間ってありますよね。もちろんそういうことが一回あったくらいで嫌いになるとかはないけど、そういうのが積み重なると、いつか冷める瞬間がくると思います。なので、こういうふうにカレから思われるのはなるべく避けましょうね。そこで今回は、20代男子30人に「彼女のことを『うわっ』と思った瞬間」について聞いてみました。

■1.過剰な友達ディスり

「グチを言うこと自体はいいと思うけど、友達に対する行き過ぎた悪口とかは、ちょっと聞いてて引くよね。そこまで受け止められるほど、俺その人のこと嫌いじゃないわけだから、共感はできないわけだし」(公務員/25歳)

こういうことをしてしまうと、「この子、友達の前では俺の悪口を言ったりしてるのかな?」とか思ってしまうんですよね。人間性って、そういうふうな形でバレるというか、推測されちゃいます。ただ、この男子も言うように、グチ自体は全然オッケー。ただ、そのやり方が問題ということです。

■2.あまりに緊張感がない

「すっぴんなだけじゃなくて、服装も、髪型も、何もかもに『彼氏といるんだ』っていう緊張感がなくなった彼女に対してはドキッとできません」(大学生/22歳)

いつもぶりっこでいろとかそういうことじゃなくてね。「私はもう何をしてもカレから嫌われないんだ」みたいな脱力というか、好きでいてもらうための努力をするのを放棄しちゃった感じが、キュートじゃないわけですよ、男子からするとね。

■3.モテ話を楽しそうにする

「過剰なモテ自慢も引く。『私はこんなにモテるの! だからもっと私を愛して、心配して!』みたいな態度は、普通に嫌悪します」(大学生/21歳)

露骨なモテアピールは、恋人じゃなくても、友達レベルでも普通にドン引きですよね。恋人からこういうのをされたら、傷つくはずってわかってるはずだし、わかったうえでやるのはすごくひどいわけです。逆に、もしわかってなかったら、その想像力のなさにやっぱりガッカリなんですよね。

■4.ケンカで不必要な悪口

「たまにケンカするのはいいというか、しょうがないと思うけど、そのときに言う必要がない悪口まで言ったりされると、仲直りをしても後遺症が残る」(美容師/27歳)

ですね。ケンカのときは、熱くなってただただ相手を傷つけるためだけのセリフを言わないというのは絶対のルールです。問題を解決したくてケンカしてるわけですから、相手を傷つける必要なんて、最初からありませんしね。そこを理解していないっていうのも、人間性にガッカリするポイントなのかもしれませんね。

■5.エッチで自己中

「夜するとき、彼氏である俺がリードするのは全然いいと思うんだ。だけど、本当に100%俺がしてばっかりで、相手は全部受け身だと、なんか、ね。ズルいよね」(営業/25歳)

エッチはやっぱり、カップルにとって大切なイベントです。愛を交換し合って、確認し合うわけですから、全部が全部相手にされっぱなしはいけないです。ほんのちょっとでいいから、あなたからもカレを気持ちよくしようっていう努力(努力することそのものが大事)をしてあげましょう。

■おわりに

どうでしたか?こういう「人間性にちょっと引く」ことって、他にもあると思いますが、男子から情報を仕入れるのが一番です。男友達に「彼女にされたら軽蔑することってなに?」って聞いてみたら、きっと踏んじゃいけない地雷がわかるはずだから、ぜひ聞いてみてくださいね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)