28日、韓国・聯合ニュースによると、4月に開催される中国の第7回北京国際映画祭で、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備への報復措置として、韓国映画の上映が中止されることになった。

写真拡大

2017年3月28日、韓国・聯合ニュースによると、4月に開催される中国の第7回北京国際映画祭で、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備への報復措置として、韓国映画の上映が中止されることになった。環球時報(電子版)が伝えた。

【その他の写真】

業界関係者によると、最近発表された同映画祭の第1次上映リストには韓国映画が含まれていなかった。同映画祭には昨年、イ・ミンホやキム・ウビンら韓国人スターが出席。韓国映画数本が上映された。

THAAD配備に対する中国の報復措置の影響で、韓国俳優のハ・ジョンウ、中国女優のチャン・ツィイー(章子怡)が共演するはずだった中韓合作映画の製作が最近中止になった。韓国で1000万人以上を動員したヒット作「釜山行き」も、中国に版権が売られたものの上映のめどが立っていない。韓国映画振興委員会によると、今年中国で韓国映画はまったく上映されない見通しだ。

一方、中国の報復措置について、中国外交部報道官は「中国側は韓国との交流に乗り気だが、交流には民意が必要だ」と指摘。中国は一貫してTHAAD配備に反対しており、「中国市民も配備を不満に感じている。このような市民感情を注意すべきだろう」と語った。(翻訳・編集/大宮)