安藤美姫

写真拡大

 ユヅリストが激怒だ。フィギュアスケーターの安藤美姫が29日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演。フィギュアスケート世界選手権で3年ぶりの王座奪回を狙う羽生結弦のプライベートについて「あまりほかの選手とはいない。集中しているのか、関係者の方と一緒にいらっしゃる」と証言。続けて「ご飯に誘っても、いつも断られる」と告白したところ、“ユヅリスト”と呼ばれる羽生ファンから「近づくな!」と大ブーイングを浴びているのだ。

 安藤の“ナンパ発言”に、おぎやはぎの小木博明は「それは(相手が)安藤さんだからでしょ?」と突っ込むも、安藤は「それだけ、スケートのことを考えてらっしゃるということ」と笑顔で切り返した。

 スポーツ紙記者は「安藤さんは、同じく熱狂的なファンの多い、スペインの貴公子ことハビエル・フェルナンデスと交際中といわれます。イケメン彼氏がいるのに『羽生も狙う気か!』と、ファンはナーバスになっているんです」と話す。

 安藤といえば、未婚の母で話題となったが、現在も父親の名前は公表していない。一部では、かつてのコーチ兼恋人を務めたニコライ・モロゾフ氏の父親説も浮上したが「相手は年上の日本人男性。フィギュア界に顔が利く人物」(事情通)という。

 選手に対し、宝塚にも通ずる潔癖さを求める日本のフィギュア界では、安藤は亜流。解説者としても、自分の話ばかりで不評を買っている。

 フィギュア関係者は「本当は後輩想いで、とてもイイ子なんですがね。風評被害というか、アンチが多いのはかわいそう。ああ見えて、メンタルは強いほうではないので……」と心配する。

 羽生についてコメントしただけでユヅリストから猛反発を食らうとは、本人も思いもよらなかっただろう。