入隊からわずか4日…ソ・イングク「骨軟骨病変」により軍訓練所を退所

写真拡大

俳優兼歌手ソ・イングクが入所4日で帰宅命令を受けた。

31日、ソ・イングクの所属事務所は「骨軟骨病変により帰宅措置の命令を受けた。今後、地方兵務庁で再度身体検査を受ける予定であり、身体検査の結果に基づいて、軍服務を履行する予定だ」と明らかにした。

ソ・イングクは28日、京畿道(キョンギド) 漣川(ヨンチョン) 5師団新兵教育隊を通じて入所した。5週間の基礎軍事訓練を受けて現役で軍服務をする予定だった。

またソ・イングクは入隊前のファンに向けたメッセージを込めたファンソング「一緒に歩いて」を発売し、別れのプレゼントをしていた。

ソ・イングク、本日(28日)入隊…坊主頭を公開

ソ・イングク、本日(28日)静かに入隊「一生懸命に国を守る」

以下はソ・イングク公式コメントの全文

こんにちは、Jellyfishエンターテインメントです。

去る3月28日、陸軍現役で、京畿道漣川郡5師団新兵教育大隊に入所したソ・イングクが本日夕方(31日) 軍から帰宅命令を受けました。

その理由は、「左足首のくるぶしの骨の骨軟骨病変」です。訓練に先立ち確認されたもので、詳細な身体の状態は、今後の検査で確認されると思われます。

軍入隊後、軍服務を誠実に履行しようとしておりましたが、本人の意志とは異なり、兵役法に基づいてソ・イングクは、現在自宅への帰宅措置となりました。今後、地方兵務庁で再度身体検査を受ける予定であり、身体検査の結果に基づいて、軍服務を履行する予定です。

ありがとうございます。