路上で無理やりキス、YouTuberが裁判沙汰に

写真拡大

YouTuberが路上で無理やりキスを迫り、複数の女性から性的暴行で訴えられるという事件が起きた。

スペインのYouTuber・アルフォンソは、通りを歩いている女性に声をかけ、手品を見せると巧みに誘導して、女性の手を取り、目を閉じさせて、相手の同意のないままキスをするという動画を撮影していた。

その後、YouTubeに掲載するが、犯罪の証拠動画でもあり、視聴者からの批判を受ける。さらに被害に遭った女性たちから警察へと通報が入り、裁判を起こされることに。判決はすぐに下され罰金約22万円、被害女性へ各6万円、そしてYouTubeやSNSのアカウントの削除などが言い渡される結果になった。

この事件が地元メディアなどで取り上げられると「子供か。犯罪自慢をして楽しむなんて」「YouTubeは罪を犯した利用者からは罰金を取ればいいのに」「YouTuberっている意味あるの?」「自分の妻や娘が被害に遭ったら、と考えてみればいい。刑罰は軽すぎるくらいだ」と怒りのコメントで溢れている。