「ゴジラ 第2携帯」で電話中の女性 TM&(C) TOHO CO., LTD.

写真拡大

興収82.5億円の大ヒットを記録し、3月22日に発売されたDVD&Blu-rayも記録的な販売数となっている映画『シン・ゴジラ』。東宝は4月1日に、この作品に登場する「ゴジラ 第2形態」にスマートフォン機能を搭載した「ゴジラ 第2携帯」をオフィシャルECサイト「ゴジラ・ストア」で限定で発売する。

[動画]庵野秀明、カラー10周年で『エヴァ』『シン・ゴジラ』を語る

通信業界初の55G(第55世代移動通信システム)に対応し、スマートフォン機能を搭載した「ゴジラ 第2携帯」。デザインはリアルな「ゴジラ 第2形態」で、完全防水(深さは深海まで対応)、カメラは5億5000万画素で555K動画撮影ができるというハイスペックな優れものだ。

また、携帯電話としては初のバッテリーレスを実現。携帯内でエネルギーを生み出す革新的な技術が採用されている(放熱の調整がまだうまく働かないため、連続動作には冷却が必要)ほか、55Gの通信エリアに関しては、まだ限定的なものの羽田から蒲田エリアで対応しており、人智を超えた通信速度が体感できるなど、アメイジングな技術を詰め込んだ最先端の携帯電話になっている。

今回の「ゴジラ 第2携帯」を製品化するにあたり、『シン・ゴジラ』のVFX、CGを手掛けた本編チームが再結集。「ゴジラ 第2携帯」のリアルさを追求し、開発に挑んだという。この携帯の下記特設サイトでは詳細のスペックなども確認できる。
http://shin-godzilla.jp/phone_sp/

なお、『シン・ゴジラ』監督・特技監督を担当した樋口真嗣氏はこの携帯について「嘆かわしい。実に嘆かわしい。出せばなんでも売れるという思い込みはユーザーを馬鹿にしてはいないか? クスリとも笑えないダジャレをなんのひねりもなく形にするのも鈍感過ぎやしないか? 昨年の大ヒット、今年の受賞ラッシュに胡座をかいて調子に乗っているとしか思えず嘆かわしいことこの上ない。だいたい希望小売価格も明記していないなんて欲しい物には金に糸目はつけないという純粋なファン心理につけ込んだ卑劣な手口ではないか。未解決の赤くてヌルヌルした液漏れの問題をそのままで出す方がよっぽどアメイジングだ。売らん哉主義の横行には首を傾げざるを得ない。実にけしからん」との辛辣なコメントを寄せている。

(※注意:この記事はエイプリルフール企画であり、実際に「ゴジラ 第2携帯」は発売されません)