“結婚”は、人生の中での大きなイベント。そのため、結婚相手を選ぶのに慎重になってしまう人も多いでしょう。

未来はだれも予測できない



好きな彼がいるのに、「彼が私の運命の人なのかしら」となかなか結婚に踏み切れない人。彼からのプロポーズにOKしたけれど、「本当に彼でよかったのかな」とマリッジブルーになる人。どんな人と結婚していいのか迷ってしまっている人……あなた自身、もしくはあなたの友達に当てはまりませんか?

しかし、今どれほど迷っても未来はわかりません。「離婚しないで上手くやっていける人か」「一生、お金に困らない人か」なんて、誰にもわからないのです。

あなたは今、彼と結婚したい?
最近、「華やかに結婚した芸能人同士の夫婦の現在」といったようなテレビ番組がよく放映されています。誰もがうらやむ結婚をしたのに、その2年後、5年後、10年後はどうなっているのか……。
あなたの未来は、これからのあなたが作っていくもの。それは、あなたたちの考え方次第で、何を引き寄せるかが変わっていくからです。わかるのは、「あなたが今、彼と結婚したいと思っているかどうか」だけのはずです。

世間の価値観で結婚相手を選ぶと不幸になる



あなたは彼と結婚したいのであれば、「結婚しよう!」と決めればいいと思います。
一方、この人でいいのかと自分の中に迷いがあるのなら、「親を悲しませたくない」「友達はどう思うか」「経済的な心配はないか」などと、世間の価値観に当てはめて相手を選ぼうとしていませんか?

そんな他人のものさしで結婚相手を決めても、幸せは引き寄せられません。あなたの気持ちがそこにないからです。実際、打算的に結婚相手を選んだ人で幸せになった人を私は見たことがありません。

“結婚”するタイミングではないのかも?
そういうことを考えてしまうということは、「結婚相手は彼ではない」あるいは「結婚すべきときは今ではない」ということだと思います。あなたが本当に結婚したいと思っていたら、現実もそのように進んでいくはずですから。

自分が幸せを与えられる人を選んで!


結婚相手を選ぶときのポイントをアドバイスするとしたら、“自分基準で考える”ということです。結婚相手に選ぶべきなのは、一般的な条件がよい人でも親が喜ぶ人でもありません。あなたがどう思っているかが重要なのです。



無条件に彼を愛していますか? そして、女性として彼に幸せを与えたいと思いますか?

「彼が安らげるように、癒しを与えたい」
「彼の仕事がうまくいくように、健康管理をしてあげたい」
「いつでも彼を尊敬して支えたい」

相手に幸せにしてもらいたいではなく、自分が相手に幸せを与えたいと思えるかどうかが重要です。そういう相手と結婚して、あなたが相手に与えることをやめなければ、必ずあなたにも幸せが返ってきますよ。 

幸せになるおまじない


結婚するなら、「自分の持っているものを与えたい」と思える人と♡ 
(奥平亜美衣)