期待度も注目度も高い左利きのルーキー、西川潤。Jユースから高体連に活躍の場を移した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 3月31日、季節外れの寒風が吹き荒れるなか、船橋のグラスポ法典グラウンドに足を運んだ。高校サッカー・春のフェスティバル、そのラストを飾る伝統の大会、船橋招待U-18の取材である。
 
 ホストチームの市立船橋を筆頭に、東福岡、名古屋グランパスU-18、桐光学園、京都橘、広島皆実、鹿島学園、東京ヴェルディユースなどユース年代の強豪15チームが集い、3日間の日程で覇を争う。初日のグラスポで行なわれた第1試合は、桐光学園対京都橘の一戦だった。
【第95回選手権PHOTO】輝きを放った1、2年生プレーヤーたち
 
 スコアレスに終わったゲームで、思いがけずそのプレーに引き込まれた選手がいた。桐光伝統の水色のキットに身を包んだ背番号10、西川潤だ。
 
 入学式をまだ済ませていない新1年生で、中学時代は横浜F・マリノスジュニアユースでエースを張り、今年2月に始動したU-15日本代表では早生まれ(2002年2月21日生まれ)ということもあって、キャプテンを任された。言うなれば、筋金入りのエリートである。
 
 ピッチ上では、独特の雰囲気を醸し出す。179センチ・64キロとひょろっとした印象ながら、鋭い反転から仕掛けるドリブルには切れと力強さがあり、なにより左足のファーストタッチが素晴らしい。フィニッシュのみならずパスセンスも光る。彷彿させる選手を強いて挙げるなら、若き日のラウール・ゴンサレスだろうか。
 
 とはいえ、当然のことながら簡単に前を向かせてはもらえず、後半途中から出場した午後の東福岡戦では、敵DF陣の要でU-18日本代表のCB阿部海大に自由を奪われた。それでも物怖じせず、鬼気迫る気概で、強豪校のディフェンス網に挑み続ける。それはまるで自身の固い決意を、プレーで体現しているかのようだった。
 
 あのまま横浜ユースに昇格していても、近未来に明るい展望は描けただろう。それでも西川は、高体連の名門・桐光学園サッカー部に入部した。なぜか。3つ年上の実兄は、この春に同校を卒業したFW西川公基(神奈川大に進学)だ。やはりその背中を追った影響が大きいのか──。
 
 15歳の技巧派ストライカーが、胸の内を明かしてくれた。
 
「やっぱり選手権に出たい、その想いが一番です。両親やチーム(横浜ジュニアユース)にも相談して、兄には、『厳しいぞ』と言われました。いろんな意味でだと思います。練習の内容も追い込みも厳しいから覚悟しとけよと。足りていない体力的な面であったり、自分がより成長できる環境がここにはある。だから、挑戦したい。最後はもちろん自分で決めました」
 
 ハキハキと話す青年だ。さすがはU-15日本代表でみずから主将を志願しただけのことはある。目力(めぢから)も相当なものだ。
 そんな西川に対して、誰よりも大きな期待を寄せているのが、ほかならぬ、桐光学園の鈴木勝大監督だ。チームに加わったばかりのルーキーに、かつて中村俊輔が付けた栄光のナンバー10を託した。「それだけのポテンシャルがある。だからこそです」と、決断にいっさいの迷いはなかったという。
 
「小川航基(U-20日本代表、現ジュビロ磐田)が入学してきたときよりも能力が高い。(マリノスで)ずっとエリート街道を走ってきたと思うんです。そのなかであえて、高体連で挑戦しようと門を叩いてくれた。もちろん兄の影響は強いんでしょうけど、Jユースにないものを高校サッカーに求めてきたわけで、それこそ強い意識で取り組んでいますよ」
 
 指揮官のなかでは、3年間を逆算した育成の青写真があるのだろう。本来は最前線で個性を発揮する点取り屋だが、京都橘戦では右サイドハーフを、東福岡戦ではセカンドトップに近い役割でプレーした。「あまりカタにはめないで使っていきたいし、得点だけじゃないところも磨いていってほしい」と話し、こう続ける。
 
「綺麗にやるのは本当に巧いですよ。じゃあ激しさや泥臭さが必要な高体連のゲームのなかでどうなのか。強引さやゴールへの執着心を養っていけば、かなり怖い選手になれるんじゃないかと思いますよ。1年生で10番ですから、賛否両論があるのは承知の上。でも僕はチームに与える刺激も含めて、大きな期待を寄せています。プレッシャーを感じて、成長につなげていってほしい」
 
 西川も、そのメッセージをしっかり受け止めている。「チームに加わったばかりなのにスタメン起用が多いので、期待してもらっているのはすごく感じてますし、嬉しいです。10番ですか? 番号はこれからどうなるか分からないし、あまり意識はしてません」とはにかんだ。
 
 そして、2年後のU-17ワールドカップに照準を定めるU-15日本代表のキャプテンとしても、自覚を持って取り組むと言う。
 
「立ち上がったばかりですけど、僕は早生まれの年長者で、誰よりも先に高校生になってプレーします。リーダーシップがしっかり取れるように、日々のトレーニングに励みたいと思います」
 
 2016年度の桐光学園は、インターハイが県予選で涙を呑み、優勝候補の一角を担った選手権本大会は1回戦で長崎総科大附に苦杯を舐めた。リベンジを期すサックスブルーの雄。新チームもDF加藤優太(3年)、MF田中雄大(3年)、FW倉持快(3年)など多士済々で、このタレント軍団に新10番・西川がどう絡んでいくのか。

 各種公式戦、とりわけ4月9日に初戦(ジェフ千葉U-18戦)を迎えるプリンスリーグ関東での戦いぶりに、注目が集まる。
 
取材・文:川原崇(高校サッカーダイジェスト)