「Audi Sport」の中核モデルであるアウディRS3スポーツバックは、400台を販売するスマッシュヒットモデルになっています。2017年3月28日に開催された「Audi Sport 2017 Press Conference」において、新型「アウディRS3セダン」が披露されました。

1

2016年9月のパリ国際モーターショーでワールドプレミアされた「アウディRS3セダン」は、アウディのA3セダンとしては初めてのRSモデル。

フロントに横置きされるエンジンはアウディ自慢の直列5気筒ターボ「2.5 TFSI」で、400psのピークパワーは市販車に搭載される5気筒ユニットとしては世界でもっともパワフル。組み合わされるトランスミッションは、7速Sトロニックです。

パワーだけでなく480Nmを誇る最大トルクは、1,700〜5,850rpmという幅広い回転域で発揮されます。決してピーキーではなく、「Audi Sport」ブランドらしく扱いやすいのも特徴です。

駆動方式はもちろん「quattroフルタイム4WDシステム」で、絶大なトラクションにより0-100km/h加速を4.1秒(欧州仕様)でクリアする圧倒的な加速力を誇ります。

エンジンも軽量化されていて、アルミ合金製のクランクケースを採用することで、エンジン単体の重量を従来の鋳鉄製クランクケースを採用した「2.5 TFSI」と比べて26kgも削減されています。

さらに、インテークマニフォールドと燃焼室の両方でガソリンを噴射する「デュアルインジェクション」や、排気バルブの開閉タイミングを可変コントロールする「アウディバルブリフト」を採用することで、出力性能だけでなく、燃費効率も改善。欧州ドライビングサイクル(NEDC)において、100km走行あたりの燃料消費を8.3Lに抑えるなど、環境面への配慮も盛り込まれています。

外観では、専用となるシングルフレームグリルやバンパー、19インチアルミホイール、拡大されたトレッドとフレア付きのフェンダー、大胆なディフューザーインサートなどによりA3セダンとの差別化が明確に図られています。

一方のインテリアも、ブラックの「ファインナッパレザー」にダイヤモンドパターンの飾りステッチとRSロゴを配した専用のシートなどにより、独特のスポーティで特別感のある雰囲気を演出。

新型RS3セダンの受注開始は3月28日からで、価格は785万円。発売は7月上旬開始予定となっています。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久、塚田勝弘、アウディ)

400ps/480Nmを誇る新型アウディRS3セダンが785万円で日本デビュー(http://clicccar.com/2017/04/01/458414/)