写真提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑い芸人のバカリズムがこのほど、原作・脚本・主演を担当する読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『架空OL日記』(4月スタート)の取材に応じ、性別を忘れてOL体験を楽しんでいることを明かした。

このドラマは、バカリズムが銀行勤めのOLのふりをしてつづっていたブログが原作。ちょっとズボラなOL・升野英知(バカリズム)を取り巻く、OL仲間との更衣室や休憩室で繰り広げるトークや、OLにありがちなプチ事件が描かれる。

それだけに、主要キャストの中で唯一男性のバカリズムは「本当にこういう会社に出勤しているみたいな感覚。更衣室もすごく居心地が良いし、空き時間も撮影の延長みたいな雰囲気でしゃべっている感じです」と撮影現場の様子を報告。また、「僕の視界には女性しか映っていないですから、たまに撮った映像を見てゾッとするんです(笑)。『そっか、俺、男だ』みたいな(笑)」と、性別を忘れて打ち解けたことを語った。

共演のOL役には、夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩が出演。夏帆は「私もすごく楽しいですね。OLを疑似体験しているみたいな感じで、あと数日で撮影が終わってしまうのがすごく寂しいです」と名残惜しい様子。臼田は「自分じゃ思いつかない面白いことをバカリズムさんがいっぱい書いてくれているので、他のOLのドラマをやるのとは全く違う感覚の楽しさがあります」と話す。

また、佐藤は「役の中でイジられる役柄なので、特に升野さんにいじめられました(笑)」と告白。これを受け、バカリズムは「現場の空気を和ませるためにカットがかかるギリギリのところで(佐藤演じる)サエにきついことを言ったりするんですよ(笑)」と言い訳したが、佐藤は「当たりが強いんです(笑)」と訴え、笑いを誘った。

そして、山田は「ほぼ雑談で成り立っていて、実際にこのメンバーでやっていると本当に笑いが止まらなくて…。雑談が絶妙におもしろくて、目立たない所に感知されて内臓に響くみたいな感じの笑いが続く。その中にバカリズムさんが自然に溶け込んでいて、不思議なバランスの世界を作っている」と、独特な世界観の魅力を伝えていた。

放送日時は地域によって異なり、読売テレビ(関西)は、4月13日スタートで、毎週木曜深夜1:29〜(※初回1:34〜)。日本テレビは、4月15日スタート予定で、毎週土曜深夜1:55〜(※初回3:10〜予定)。さらに、読売テレビでの放送終了後から、Huluで先行配信される。