写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ロックミュージシャンのジャガーさんが3月31日、チバテレ(千葉テレビ)の特番『お悩み解決 ジャガーだよ!県民集合!!』に生出演し、同局の"1日ジャック"を無事完走した。

この番組は、「ジャガー星」出身の宇宙人でありながら、千葉を中心に活躍するジャガーさんが、チバテレの「終身名誉応援団長」に就任することを記念して放送。視聴者からの悩みをジャガーさんが生電話も交えながら解決していくもので、情報番組への出演も含め、朝7時から夕方17時30分まで、断続的に"ジャック"した。

朝の情報番組『シャキット!』で、7時から同局の応援ソング「スマイル・ウィズ・ユゥ!」を熱唱したジャガーさんは、「どんどん質問してくださーいイェイ!」と熱心に募集告知。今回の番組タイトルは「何となく決まってたみたいです」と言うとおり、タイトルコールでは最初から最後まで「ジャガーだよ!」を「ジャガーだぜ!」と間違え続けていた。

そして、いよいよ本編に入り、4部(8:30〜8:45、11:50〜12:00、16:25〜16:30、17:20〜17:30)にわたって、悩み相談を開始。

「中1の末っ子長男が反抗期で、話しかけても『あー、うん』としか言いません」との悩みには「『黙ってジャガーについてこい』と、大きい声で強く言ってください」、「ジャガーさんのようなキラキラした存在になるにはどうすればよいでしょうか?」には「地球人には無理でございます」、「地図が読めません」には「メガネを変えていただければ」など、どの相談にも間髪入れず、明快に回答していった。

また、「トイレに温水便座を設置したいけどコンセントがないので、踏み切れません」という相談には、「とにかくお手洗いまで何とかしてコンセントを引っ張りなさい。お尻をきれいにすることはものすごく清潔ですし、体に良いし、とにかく気持ちいいです。ぜひやってください」と、なぜか懇切丁寧に力説。

中には、「30代になってアイドルという肩書きに限界を感じています。ジャガー星という設定を維持し続けるコツを教えてください」という"ひっかけ"質問もあったが、ジャガーさんは「ブレないことですね。自分の今やってることを続けた方がいいと思います」と、"設定"との決めつけに異議を唱えること無く答え、まんまと引っかかってしまった。

今回の"ジャック"の衣装は、登場するたびに変える"七変化"方式で、情報番組『グッと!金ようび』(11:30〜11:50)には、鮮やかなイエローで生出演。テーマを聞かれたジャガーさんは「千葉県の花・菜の花を意識しました。今ちょうど時期ですので」と郷土愛を見せながら、「ジャガーも見頃でございます」と、自らのアピールも抜かりなかった。

ジャガーさんは1985年から断続的に、チバテレの放送枠を個人で買い取り、自身が編集、納品までした番組『HELLO JAGUAR』に出演。近年、日本テレビ系バラエティ番組『月曜から夜ふかし』で、千葉出身のマツコ・デラックスの目に止まってブレイクしたことをきかっけに、16年度にチバテレ45周年の応援団長に就任した。

そして、そのまま終身名誉応援団長となり、5月1日からは、天気予報を紹介しながら、ジャガーさんの映像が毎日3分間流れる『おやすみジャガー天気予報』が、チバテレの1日で最後の番組として、1年間放送されることも決定。ジャガーさんは「とにかくジャガーを見て寝るしかないのでございます。ジャガーが夢に浮かぶと思いますけど、それはすごくいい心地よい眠りになります」と、快眠効果をアピールしていた。