【4月1日】「たけしの挑戦状」がVRゲーム化

写真拡大

タイトーは4月1日、ファミコン用ゲームソフト「たけしの挑戦状」30周年企画として、「たけしの挑戦状 VR」を発表した。

「たけしの挑戦状」は、1986年12月にタイトーが発売したファミコン向けソフト。タレントのビートたけしが自身初のゲーム監修を手がけた、アクションアドベンチャーゲームだ。

サラリーマンである主人公が宝探しの冒険をするというストーリーに、たけしの「今までにない独創的な発想を入れたい」という意図から、斬新な仕掛けが多数盛り込まれた。「常識があぶない。」のキャッチコピーを体現するかのような理不尽な内容とクリア難易度の高さから、今なお語り継がれている“伝説のクソゲー”だ。

そんな「たけしの挑戦状」30周年企画として、まさかのとVRゲーム化が実現。一般的なVR技術をさらに進化させた、タイトー独自の新VR(VIP Reality)技術を使用し、五感すべてを網羅した、より豪華な体験を提供する。全身を覆う最先端のデバイススーツは、高級シルクを使った豪華なタキシード型。イタリアの高級ブランド「ウッソーモ」がデザインした。スーツ内部の様々なセンサーと機械式再現装置が、至高の体験を生み出していく。

さらに、ゲーム内でお酒を飲めばテキーラが、殴られたら血の味の代わりに厳選した赤ワインが実際に楽しめる(※背中に装着されたボトルからチューブを通して口に送られる)ほか、カラオケの採点はタイトーサウンドチーム「ZUNTATA」が担当。プレイヤーの歌唱力をプロの視点から多角的に判定する。

ストーリーは原作に忠実に、そして実写と見まちがうほどの高精細ポリゴンで完全再現しており、昔プレイしたことのある人には懐かしい、プレイしたことのない人ならその理不尽さに悶絶するものに仕上がった。

そして、ゲームの象徴的カラオケスナック「あぜみち」のチーママとして、名古屋のご当地アイドルグループ・delaの人気メンバーである秋波愛さん(愛称:あいちん)が特別出演。リアルな質感を追求した高精細ポリゴンにより、まるで本人とデュエットしているような気分が味わえる。

また、「たけしの挑戦状」公式サイトでは、ゲームのキーアイテムでもある離婚届を「たけしの挑戦状」オリジナルデザインで用意。ダウンロードしようとすると、驚きの仕掛けが用意されている。

※4月1日はエイプリルフールです。