5位スタートとなった羽生結弦【写真:Getty Images】

写真拡大

SPの結果を受けて次々と速報、「優勝候補と見られていたハニュウが…」

 30日にフィンランドのヘルシンキで行われたフィギュアスケート世界選手権の男子ショートプログラム。日本人選手は、宇野昌磨(中京大)が2位、羽生結弦(ANA)が5位スタートとなった。王者・羽生の出遅れについて、海外メディアが「偉大な日本人がSPで苦しんだ」と伝えている。

 カナダ放送局「CBC SPORTS」電子版はSPの結果を速報した。「パトリック・チャンはSPで3位」に続き「スペインのフェルナンデスがトップに立ち、五輪王者のハニュウは驚きの5位」と、羽生の出遅れが予想外の出来事だったと指摘。「今大会の驚きは、ソチオリンピック、そして2014年の世界選手権覇者のハニュウで、現在、表彰台圏外にいる。偉大な日本人選手はSPで苦しみ、98.39点に終わった」と報じている。

 首位に立ったハビエル・フェルナンデスの母国スペインの地元紙「エル・パイス」電子版も「若い世代の台頭を生き残り、世界選手権の首位に立つ」と地元の英雄フェルナンデスの好スタートをレポート。その一方で「ショウマ・ウノが2位で追い、優勝候補と見られていたユズル・ハニュウが5位発進となった」と2人の日本勢の状況も伝えている。

 また、記事では「98.39の得点が出た瞬間、彼は審査員との採点の違いを感じさせる表情を浮かべた」と、羽生が思うように得点が伸びなかったのではないかと推測した。

 男子フリーは現地時間1日に行われる。2位に入った宇野の躍進、そして羽生の追撃はなるか。世界でも注目を集めそうだ。