足をやさしく包む。赤ちゃんと子どものためのNINOSの本格レザーシューズ

写真拡大 (全5枚)

まだ骨格がしっかりしていない子どものシューズ選びは大切です。サイズはもちろん、インソールの形状など歩きやすいかどうかも心配。でも、デザインだってこだわりたい。そんなママたちにおすすめなのが、「NINOS(ニーニョ)」のレザーシューズです。
きびしい基準をクリアしたストレスフリーの靴

2015年にデビューしたNINOSは、キッズ・ベビーのレザーシューズブランドです。しかも、消費者の安全と健康や、製造工程での環境、さらに廃棄・リサイクルへの配慮によって、自然に近いオーガニックタンニンの製造工程で開発された皮革「TORNAT®︎」を使用して作られています。NINOSとは、スペイン語で「子どもたち」という意味だそうで、子どもと過ごす限られた時間の中で作られる思い出の1ページを演出するため、こだわりをもって作られています。

素材のTORNAT®︎は、世界統一認証規格「エコテックス スタンダード100 クラス供廚鮗萋世靴討い詒薐廚如独自製法により革をなめしているため、アレルギー反応が起こりにくい、体にストレスを与えず無害であるというのが最大の特徴。このようなレザーでキッズシューズを作っているのは、世界広しといえど、NINOSだけです。レザーというだけで贅沢な気がしますが、大切な成長期に、体にも環境にもやさしい素材はうれしいですね。
キュートなデザインに本格派の作り
愛らしくてつい手に取りたくなるファーストシューズから、トドラーサイズまでデザインも豊富にそろいます。今では子ども用のレザーシューズは国内で1社となった職人技で、まだしっかり骨格のできていない成長期の子供たちの足を守りながら、ファッションコンシャスに履けそうです。インソールも、子どもの健やかな成長のために開発されたオリジナルで、どこまでも子ども達のことを考え抜いて作られています。

「W.Marry Jean」 写真左 16,000円、右 13,000円(ともに税別)

「Wing Strap」 16,000円(税別)

レザーとなると、金額も気になるところですが、これだけのこだわりがありながら1万円台でそのほとんどが展開されています。ギフトにしてもよろこばれそうですし、おじいちゃんやおばあちゃんにおねだりするのもいいかもしれません。
きちんと足にフィットする靴を履くことは大人にとっても大切なことなので、成長期の足にはより重要です。大人用があれば私も欲しい本格派でした。
[NINOS]