彼氏がキュンとする「かわいい甘え方」と「甘えられない女性の心理」とは?

写真拡大

本当は彼氏に甘えたいのに、「素直に甘えられない……」と悩みを抱える女性は意外と多いですよね。恥ずかしい気持ちがあったり、そもそも甘え方がわからない人もいるのではないでしょうか。この記事では、甘えられない女性の割合や甘え上手な女性が好きな男性の割合、男性がキュンとする甘え方を紹介します。

<目次>

■彼氏に甘えられない女性は多い!
・彼氏に甘えられない女性の割合って?
・彼氏に甘えられない女性の特徴&心理って?
■甘え上手な女性はモテる!?
・甘え上手な女性はモテる!
■彼氏がキュンとする「かわいい甘え方」!
・男性のココロをつかむ甘え方とは?
・逆効果! 男性がイラッとする甘え方とは?
■まとめ

■彼氏に甘えられない女性は多い!

彼氏に甘えたくても、なかなか甘えられない女性も多いもの。そこで女性のアンケート結果から、彼氏に甘えられない女性の割合を紹介していきます。また、彼氏に甘えられない女性の特徴と心理について、専門家が解説します。

・彼氏に甘えられない女性の割合って?

実際に彼氏に甘えられない女性は、どれくらいいるのでしょうか。女性にアンケート調査をしてみました。

Q.彼氏に甘えるのは苦手ですか?

・得意(39.3%)
・苦手(59.8%)
(※2)有効回答数112。
※四捨五入の関係で、ちょうど100%にならないことがあります。

およそ4割の女性は、彼氏に甘えるのが苦手だと感じているようです。本当は甘えたくても、なかなか甘えられないこともあるのではないでしょうか。

・彼氏に甘えられない女性の特徴&心理って?

彼氏に甘えられない女性の特徴と心理とは? 心理コーディネーター・織田隼人さんに解説してもらいました。

(1)プライドが高く弱みを見せられない

強く生きよう・人に頼らず生きていこう、と自分を奮い立たせて生きてきた女性は、なかなか甘えられないことが多いです。というのも、人に弱みを見せることに慣れていないからです。人に弱みを見せて、助けてもらうということに慣れていないと、甘えることも苦手になってしまいます。甘えるという行為は誰かの庇護の元に入ることです。誰かの庇護に入ることは、自分の力で生きていくことと正反対。なので、甘えることで、自分の自尊心を失いそうになってしまい、なかなか甘えることができなくなってしまいます。

(2)恥ずかしがり屋で自分のキャラではないと思ってしまう

甘えようとしても照れてしまったり、甘える自分を考えるだけで恥ずかしくなってしまう人も、甘えることに対して苦手なことが多いです。これらは、「よく反省する人」にありがちです。毎晩、1日の自分を振り返って「あれはだめだった」「これはこうしておけばよかった」と枕に顔を埋めながらジタバタする人は、甘えることも「恥ずかしい」と考えてしまうことが多いです。このような人は、自分に意識を向けすぎていて、自分のキャラではないことをやろうとすると、その姿を想像して恥ずかしくなってしまうので、甘えられない傾向にあります。

(3)彼が迷惑なのではないかと遠慮してしまう

甘えることは、男性に行動を起こしてもらうことです。そのため、彼にとって迷惑なのではないかと遠慮をして、甘えられないケースが多いです。男性は、女性のために行動すると「いいことをした、俺はいい男だ」という思考になるので、多少甘えるくらいがオススメです。しかし、彼に遠慮してしまうタイプの女性は、「ちょっとでも迷惑なら遠慮する」という考え方なので、たとえば、彼がスマートフォンを見ているときに、割り込むことができず、結局甘えるタイミングを失ってしまうようなことが多いです。

(4)甘えるより尽くしてしまう

彼に尽くしていないと不安になってしまう人も、甘えることが苦手です。「愛されるため」に「彼に尽くす」という方程式を自分の中に持っているので、「尽くす」ことが正解であると考えます。そのため、甘えることは彼に行動してもらうことなので、「マイナスな行為」と考えてしまうようです。実際は、彼に行動をしてもらったほうがいい関係を築けるので、尽くすだけではなく、甘えて彼にも尽くしてもらう関係が理想です。しかし、なかなか自分の中にある「彼のために行動したほうが愛される」という方程式を崩せず、甘えられない女性が多いです。

■甘え上手な女性はモテる!?

ここでは男性のアンケート結果から、甘え上手な女性が好きな男性の割合と甘え上手・下手な女性に対する本音を紹介していきます。

・甘え上手な女性はモテる!

男性は、甘え上手な女性と甘え下手な女性のどちらが好きなのでしょう。男性たちに話を聞いてみました。

Q.甘え上手な女性と甘え下手な女性、どちらが好きですか?

・甘え上手な女性(70.7%)
・甘え下手な女性(29.3%)
(※1)有効回答数339件。

およそ7割の男性が、甘え上手な女性を好きだという結果と答えました。みなさん、それぞれどのような意見だったのでしょう。

<甘え上手な女性>(1)かわいい

・「甘えてる姿がかわいいからいっぱい甘えてほしい」(39歳/運輸・倉庫/その他)

・「かわいいし、守ってあげなくてはいけないと思うから」(36歳/食品・飲料/技術職)

(2)頼られている気がする

・「頼られている感じがするから。過度な甘え方はうざったいが、適度であればかわいいと思えるから」(39歳/建設・土木/技術職)

・「頼られてる感じがして悪くないから。守ってあげたいから」(32歳/機械・精密機器/技術職)

(3)何でもしてあげたくなる

・「甘えられるとうれしいから、もっとしてあげたいと思うから」(37歳/運輸・倉庫/クリエイティブ職)

・「甘えられるとなんでもしてあげたくなるので」(26歳/建設・土木/技術職)

<甘え下手な女性>(1)我慢してるのがかわいい

・「本当は甘えたいのに、我慢して甘えられない感じがかわいいから」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「甘えたいんだろうけど甘えられないって雰囲気出してるときがかわいく思うから」(33歳/建設・土木/技術職)

(2)甘え上手は計算高い気がする

・「甘え上手は計算されてる感じがして好きじゃない」(38歳/建設・土木/その他)

・「甘え上手な人は計算高く、性格が悪い印象があるため」(36歳/食品・飲料/その他)

(3)自立してそう

・「精神的に自立しているほうがいい!」(29歳/その他/その他)

・「甘え下手は、それなりに自分でがんばってきた自立力がある。手伝うかどうかは聞けば答えてくれるし、信頼関係が構築されると、平等な関係を保つことができる」(36歳/その他/その他)

甘え上手な女性は、「かわいい」という印象や「何でもしたくなる」という、いいこと尽くしなイメージがあるようです。反対に、大人の女性が好きな男性だと、自立しているイメージがある甘え下手な女性を好む傾向に。

■彼氏がキュンとする「かわいい甘え方」

ここでは男性が考える、かわいい甘え方とイラッとする甘え方について、紹介していきます。

・男性のココロをつかむ甘え方とは?

男性の気持ちを惹きつけるには、どのような甘え方が効果的なのでしょう。男性たちに、かわいいと思う女性の甘え方について、具体的なセリフや行動を教えてもらいました。

(1)くっついてくる

・「くっついてきて何かお願いをしてくる」(29歳/建設・土木/技術職)

・「くっついてくる。上手に甘える」(33歳/機械・精密機器/その他)

(2)スキンシップが多い

・「スキンシップが上手で会話がやさしい」(38歳/商社・卸/営業職)

・「スキンシップが多く、ベタベタしてくる」(33歳/その他/その他)

(3)「ねぇねぇ」と言う

・「ねえねえと言って、どうでもよいようなことをネタにくっついてくるのがいい」(38歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ねぇねぇ。って言いながら見つめる仕草」(27歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

(4)笑顔を見せる

・「にこっと微笑みながら、上目づかいされるとかわいい」(37歳/機械・精密機器/技術職)

・「にこにこしながら、何かをお願いしてくること」(30歳/情報・IT/営業職)

(5)たまに甘えてくる

・「普段はそうでもないのにたまに甘えてくる」(38歳/建設・土木/その他)

・「普段しっかりしているのに、『え? ここ?』みたいなところで頼りなくて頼られる感じ」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

(6)上目づかい

・「上目づかいでお願いされると何でもしちゃう」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「上目づかいでお願いされたらかわいい」(37歳/医薬品・化粧品/その他)

女性をかわいいと思う甘え方は、いろいろあるようです。女性にとっては、実践するのが恥ずかしいと思う甘え方でも、男性にとってはうれしいと感じることも多いのかもしれませんね。

・逆効果! 男性がイラッとする甘え方とは?

逆に、男性がイラッとする女性の甘え方とは、どんなものなのでしょう。男性の本音を探ってみました。

(1)しつこい

・「しつこく言い寄られるとかなり疲れてしまいます」(39歳/情報・IT/技術職)

・「しつこい感じや狙ったようなもの」(31歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

(2)ぶりっ子

・「ぶりっ子が丸わかりの甘え方はイラっとする」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「ぶりっ子すぎるのは苦手。顔のまわりに手があるとか」(28歳/機械・精密機器/技術職)

(3)ベタベタしてくる

・「ボディタッチしながらいろいろ言ってくるのはいやだ」(38歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「やたらとベタベタしてこられると嫌になる」(39歳/医療・福祉/営業職)

(4)ワガママ

・「ワガママ、自分の希望を相手の気持ちを考えずに一方的に伝える」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ワガママなことばかり言う。反対のことばかり言う」(37歳/不動産/経営・コンサルタント系)

(5)わざとらしい

・「わざとらしいボディタッチが大嫌いです。声のトーンで甘えている、とわかるような話し方も嫌いです」(35歳/建設・土木/技術職)

・「わざとらしく”頼りにしてるから。”などと言われると、イラッとしてしまいますね。上目遣いだと余計にイラッとしてしまいます」(38歳/その他/その他)

(6)甘え口調になる

・「言葉が甘えた赤ちゃん言葉っぽくなると途端にイラっとする」(39歳/その他/経営・コンサルタント系)

・「語尾が上がる、そもそも好みでもないこの甘えかた、年齢にふさわしくない甘えが腹立つ」(30歳/その他/その他)

女性の甘え方次第では、男性がイライラしてしまうこともあるようです。下心のある甘え方だと、男性もすぐに見破ってしまうのではないでしょうか。

■まとめ

女性から甘えられると、どんなことでも受け入れたいと思う男性もいれば、逆にイライラする男性もいるようです。また、いくらかわいい甘え方でも、わざとらしかったり、しつこすぎると、逆効果になってしまうことも。甘え方を工夫したり、甘えるタイミング見極めることが大切なのではないでしょうか。

(監修:織田隼人、文:ファナティック)

※画像はイメージです

(※1)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年3月17日〜2017年3月18日
調査人数:男性339人(22〜39歳男性)

(※2)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年3月17日〜2017年3月18日
調査人数:女性112人(22〜34歳の女性)