『第1回未完成映画予告編大賞』グランプリ作品『高崎グラフィティ。』

写真拡大

『第1回未完成映画予告編大賞』の受賞作品が発表された。

【動画と画像を見る】

『未完成映画予告編大賞』は、完成していない映画の予告編のみを公募するコンテスト。3分以内の実写映像であること、タイトルと撮影場所の地域を限定することなどが規定されており、グランプリ作品は、3千万円相当の制作費をかけて本編の制作が開始される。初開催となる今回は、審査員を堤幸彦、大根仁、川村元気、岡田惠和、平川雄一朗、小原信治、井上伸一郎、植田博樹、伊藤さとりが務め、285作品の応募が集まった。

グランプリに輝いたのは、川島直人監督による『高崎グラフィティ。』。高校の卒業式を迎えた幼なじみの5人が、それぞれのトラブルや葛藤を抱えながら、仲間の1人である美紀の入学金を持って失踪してしまった父親を探すため、車を走らせるという物語だ。

そのほか、堤幸彦賞に林隆行監督『浅草スマイル』、大根仁賞に松澤伊知哉監督『沈める渋谷』、平川雄一朗賞に白鳥蓉子、大島風穂監督『こもろの星の淵』、小原信治賞に細井尊人監督『十条虚構捜査-代理脚本家-』、審査員特別賞に古波津陽監督『トットリノエイリアン』、三浦祐太、池田大輝監督『カヅノ』、草苅勲監督『死体の人in Tokyo.』が選出されている。

それぞれの応募作品はYouTubeで観ることができるほか、『第1回未完成映画予告編大賞』のオフィシャルサイトには審査員による講評が掲載されている。なお『第2回未完成映画予告編大賞』は10月上旬から作品募集を開始する予定だ。