写真提供:マイナビニュース

写真拡大

台湾MSIは31日、AMDの最新CPU「Ryzen」シリーズに対応したX370チップセットを搭載したATXマザーボード「X370 SLI PLUS」を発表した。4月1日に発売し、店頭予想価格は税別19,480円。

一般ユーザーやビジネスユーザー向けた「 PRO」シリーズのマザーボード。TPMモジュール用ヘッダに加えて、シリアルポートやパラレルポートなどを実装し、企業におけるハードウェア資産を有効活用できるという。

メモリ回路をほかのコンポーネントから独立させ、回路パターンを最適化した「DDR4 Boost」によって、安定したパフォーマンスを実現する。また、オーディオ回路をほかの回路から分離し、独立させたほか、高品質なコンポーネントを採用した「AudioBoost」を搭載する。

このほか、USB 3.1コントローラとしてASMediaの第2世代コントローラ「 ASM2142」を採用。PCIe Gen3 x2接続をサポートし、16Gbpsの帯域を確保する。これにより、複数デバイスを接続した場合でもパフォーマンスを最大限に引き出すという。