DAZNが、「Jリーグ・ゾーン」ら様々なコンテンツの配信を発表

写真拡大

▽スポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』は30日、「Jリーグ・ゾーン」の放送をスタートすると発表した。

▽DAZNは4月2日より、新たなコンテンツとして「Jリーグ・ゾーン」、「♯DAZNピッチサイド」、「サンデー・Jプライム」の配信を行うことを発表。「Jリーグ・ゾーン」では、Jリーグのライブ放映が2試合以上ある際に、マルチ画面で視聴できる配信サービス。さらに、チャンスメイクシーンやゴールシーンなど注目の場面をDAZNが厳選してライブザッピングを行う。

▽「♯DAZNピッチサイド」では、ソーシャルメディア専門のスタッフが注目カードのピッチサイドから、サポーターの声援やウォーミングアップの様子、試合中の選手・監督の表情など、ピッチサイドならではの瞬間を動画で撮影し、SNSなどを通じてタイムリーに配信する。

▽「サンデー・Jプライム」では、埋設日曜日の17時からの試合に試合において通常よりもカメラ台数の多い16台のカメラを用いた中継を実施。充実したカメラワークと、スーパースローやゴールネットカメラなどの特殊カメラによる撮影で十分に満足頂ける映像クオリティと試合の臨場感を届ける特別番組となるようだ。なお、「サンデー・Jプライム」の放送スケジュールは下記の通り。

【放映スケジュール】

▽4/2(日)17:00〜

ヴァンフォーレ甲府vs北海道コンサドーレ札幌

▽4/9(日)17:00〜

モンテディオ山形vs大分トリニータ

▽4/16(日)17:00〜

サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノス

▽4/23(日)17:00〜

ツエーゲン金沢vsロアッソ熊本

▽4/30(日)17:00〜

横浜F・マリノスvsガンバ大阪