デビッド・ベッカムのメッセージが大騒動を巻き起こしている/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

デビッド・ベッカムが、インスタグラムの写真につけたメッセージが原因でネットが大炎上し、急いでメッセージを書き直す事態に追い込まれた。上海と香港で週末を過ごしたベッカムは、現地で写した写真をインスタグラムにポスティングして「中国で過ごした素晴らしい48時間」と書いていた。

【写真を見る】昨年、上海を訪れた時のデビッド・ベッカム/写真:SPLASH/アフロ

ところが、これを見た現地のファンたちが、上海は中国の一部だが、香港は一国二制度の原理の下で特別行政区となっており、正確には中国ではないと激怒。

「これは香港だ。中国ではない」「『香港で過ごした素晴らしい48時間』と書き変えてほしい。僕たちは自分たちの政府を持っているし、独自の通貨も、サッカーチームも持っているよ」

「私はあなたが好きだけど、香港は香港です。私たちは中国とはまったく違う」などの反論がツイッターに殺到したと英紙デイリー・メールが伝えている。

そのためデビッドはツイートを投稿して1時間のうちに「香港と上海で過ごした素晴らしい48時間」とインスタグラムのメッセージを書き直した。

しかし、すると今度は、デビッドが中国を香港と書き直したことに対する批判の声も発生。「どうしてポスティングしたものを書き直すんだ?あなたはまったく正しかった。香港は疑う余地もなく中国の一部だ(香港の返還でグーグル検索してみたらわかる)」「信じる、信じないは勝手だけど、香港は中国の一部だよ」などの意見がツイッターに寄せられている。

「最近の彼は、嫌われる戦略を取っているのか?」「デビッドを混乱させないであげて」「広報がチェックしてから投稿させろ」などのコメントが英紙デイリー・メールのサイトに寄せられている。【UK在住/MIKAKO】