アメリカで野良生活を送っていたオレオ。たまたま訪れた老人ホームを気に入ったようで、いつの間にか居つくようになりました。

受付で来客を迎えたり、お年寄りたちを癒してまわったりと、スタッフの1員のように活躍する毎日。

いつしか老人ホームの主のような存在感を放つようになっていたそうです。

 

Stray Cat Wanders into Nursing Home and Decides to Work There.


現在オレオが暮らしているのは、オハイオ州クリーブランドにある老人ホーム。性別はメス。


野良猫だったとは思えないほど人間が大好きで、誰に対しても親しくするそうです。


「さあ、存分になでるがよい」

[画像を見る]
「もっと頭をさするのじゃ」

[画像を見る]
「そこはたまらん!」

[画像を見る]
スタッフのほとんどがペットを飼っていたこともあり、オレオが最初に訪れたときから歓迎だったとのこと。

今ではお年寄りたちを癒すセラピーキャットとして、なくてはならない存在になっています。

他の動物たちを癒す猫のストーリーはコチラをどうぞ。
(弱った動物たちを看病する猫…動物病院のスタッフも驚く献身ぶり)

【老人ホームに住みついた猫「よく来たニャ、ゆっくりするがよい」→主のような存在感を放つ】を全て見る