資料写真

写真拡大

(台北 31日 中央社)台湾インデックスプラス(台湾指数)が昨年末に公表を開始した「ブルーチップ30指数」(BC30)に連動するETF(上場投資信託)およびインバース型ETFが31日、台湾証券取引所に上場した。同取引所によれば初日の売買高は、460万口を突破している。

2銘柄を募集・発行するのは兆豊国際投信(台北市)。同取引所によれば、BC30は流動性と経営の安定性、収益性などに優れる30銘柄で構成されている。

(韓テイテイ/編集:名切千絵)