好きな人を振り向かせたい! メール・LINEの頻度と内容とは?

写真拡大

出会ったばかりだったり、片思いをしている好きな男性にメール・LINEを送るとき、どんな内容で、どれくらいの頻度で送ったらいいのか……悩むこともありますよね。好きな人に「誘ってもらいたい」「好意があるとわかってもらいたい」と想いを込めて送ってみても、なかなか伝わらなくてもやもやすることも多いのでは? そこで今回は、好きな人にメールやLINEを送るときの送り方について、社会人女性のアンケートを参考にまとめてみました。

<目次>

■好きな男性に送るメール・LINEの内容

好きな男性や、これから親しくなりたいと思っている男性に対して送るなら、どんなLINEの内容がいいのでしょうか? 女性たちが男性に送るメールやLINEの内容について聞いてみました。

◇彼の趣味などについて聞く

・「まずは相手のことを知るために、趣味などを聞く」(25歳/学校・教育関連/その他)

・「好きなもの、趣味などについて。そこからデートへ発展するかも」(28歳/小売店/事務系専門職)

・「相手の趣味の話とか。男の人って自分のこと話すのが好きだと思うから」(25歳/金融・証券/専門職)

彼の趣味や好きなことを聞き出して、それを話題にするという女性も少なくないようですね。女性が一方的に話すよりも、男性から話題を引き出したほうが話も続きやすくなりそうですし、自分が彼に興味や好意を持っているということもそれとなく伝えられそうですよね。

◇休みの日の過ごし方を聞く

・「休みの日の過ごし方を聞いて趣味を探る」(31歳/医療・福祉/その他)

・「何をしているのか、休日に何をする予定なのかなど、スケジュールを聞くことが多い」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「土日の過ごし方を聞くこと。それにより、じゃあ、土日に会いませんか? という話の流れに持って行きやすいと思うから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等)

休日どのように過ごしているのかなどを聞いて、その男性の趣味や傾向を探るという人もいます。また、休日の過ごし方を聞くことによって、話をそこから盛り上げていき、デートの誘いなどにつなげていくという人もいるようです。

◇食事に誘ったりする

・「食事に誘う。気になるお店があるとか言って」(28歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「今度みんなで食事しませんかと誘う」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「食べ物を話題にして今度食事に誘う」(26歳/不動産/営業職)

好きな食べ物の話題や、オススメの飲食店の情報などを聞き出し、それをきっかけにして食事に誘うという女性もいるようです。または、逆に男性のほうから一緒に行こうかなどといった言葉を言ってもらえるよう、話を誘導していくという人もいるようですよ。

◇たわいもない日常のこと

・「自分が今日何々をした? という中身のある内容。その中から向こうの興味のある話題をつかめたらうれしい」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「今日は何をしてたの? と、相手に興味があることを伝えられる内容」(25歳/その他/事務系専門職)

・「あたりさわりのない会話。今日あったことや今興味のあること」(30歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

LINEでは比較的気軽な内容を中心に話すという人も少なくありません。当たり障りのないその日の出来事などの内容や、たわいもない日常のことなどを話すなど、あまり重くないやり取りをするという女性も多いようですね。

◇お互いに共通するような話題

・「共通に楽しめる話題。そこから一緒にご飯やデートのタイミングを探す」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「共通の趣味の話題や食べ物やペットの話。当たり障りがないのに楽しいから」(26歳/食品・飲料/営業職)

・「好きなテレビ番組や共通の趣味など、楽しい話題がいいと思う。話が盛り上がると連絡も自然と続いて興味を持ってもらえる」(26歳/金融・証券/専門職)

一方的に話をしていてもいまいち盛り上がりにかける……なんてこともありますよね。そうならないよう、極力お互いが知っていることや共通するようなことを話題にするという女性も少なくないようです。仕事の話などはもちろん、好きなテレビ番組やドラマの話などもアリのようですね。

メールやLINEでは、基本的にあまり深刻な内容を話題にしたりせず、お互いが気楽に話せるような内容をやり取りするという人が多いようです。共通することや興味のあることを話題にすることによって、相手に対して興味を持っていることをそれとなく伝えるという女性も多いのではないでしょうか?

■好きな男性に送るメール・LINEの頻度

では、好きな男性とLINEやメールでやり取りをする場合、どれくらいの頻度でやり取りをすればいいのでしょうか? 女性たちにアンケートでベストだと思うLINEの頻度について聞いてみたところ、以下のような回答となりました。

Q.「好きな男性&気になる男性」に送るメール・LINEの頻度は、どれくらいがベストだと思いますか?

第1位「週2〜3回」……38.5%
第2位「毎日」……23.3%
第3位「週4〜6回」……16.5%
第4位「週1回」……13.2%
※有効回答数395件。5位以下省略、その他除く

◇第1位「週2〜3回」

・「毎日は多いと思うので、3日置きくらいがベストです!」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「毎日は新鮮さが崩れるし、週1だとあまり興味がなさそうに見えるから」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「毎日だと重いし面倒だけど、いつも気にかけるくらいの頻度がいいと思う」(33歳/医薬品・化粧品/技術職)

アンケートの内容の通り、毎日ではちょっと多すぎるからという理由で、週2〜3回の頻度でやり取りをするという女性が多いようです。好意を持っているとはいっても、お付き合いをしている状況でない場合なら、3日に1度くらいの頻度がちょうどよいのかもしれませんね。

◇第2位「毎日」

・「やっぱり毎日でも連絡を取りたいと思う人じゃないと付き合えないから」(33歳/医療・福祉/その他)

・「一応毎日1通はしたい。間があいたらそのまま連絡を取らなくなるから」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「好きなときこそ毎日連絡しないと気持ちが冷めていく」(34歳/医療・福祉/専門職)

付き合っているのかそうでないのかによって考え方は異なってくる場合があるかもしれませんが、好きな男性であれば毎日でもやり取りしたいという女性も少なくありません。おはよう、おやすみといったたわいもないメッセージのやり取りを日課にしているという人も多いのではないでしょうか。

◇第3位「週4〜6回」

・「距離を縮めるためにはある程度のやり取りの頻度は必要」(27歳/電機/営業職)

・「仕事の兼ね合いで見られないときもあるだろう。毎日してうっとうしいと思われ、嫌われたくない」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「初めはお互いを知るためにも、ある程度の連絡頻度は必要かと」(26歳/学校・教育関連/その他)

週4〜6回というと、ほぼ毎日という頻度でのやり取りになりますが、恋愛初期にはある程度のやりとりが必要だという意見が目立ちました。

◇第4位「週1回」

・「急に頻繁に連絡が来るようになると縛られてると気になってしまい、気持ちがめいってしまう」(26歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「週1回であれば負担にならず返しやすいから」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「あまり送りすぎると邪魔になりそうだし、あまり送らないのも好意が伝わらないから」(27歳/食品・飲料/その他)

1週間に1度、週末のデートの約束のためなどに連絡するだけで十分だという人もいるようです。お互い仕事で忙しくしていたり、帰宅が遅いことが多いと自然とそうなってしまうという人もいるのではないでしょうか?

多くの女性は、大好きな男性とLINEなどでやり取りをする場合、お互いの負担にならない程度の感覚でやり取りをするようです。気持ちの上では毎日でも連絡したいけれど、あまり多いと重く感じられてしまいそうだという気持ちがあるのでしょうね。

■好きな男性に送るメール・LINEのタイミング

では、1日の中で女性が好きな男性にLINEなどでメッセージを送る際、どのようなタイミングで送るのでしょうか? こちらもアンケート調査を行ってみました。

Q.「好きな男性&気になる男性」に送るメール・LINEのタイミングは、いつがベストだと思いますか?

第1位「退社後」……31.4%
第2位「寝る前」……26.8%
第3位「出勤前の通勤時間」……11.9%
第4位「お昼休み」……8.4%
※有効回答数395件。5位以下省略、その他除く

・「日中は忙しいだろうし、あまり夜遅いと相手の寝る時間を削ってはいけないので」(31歳/商社・卸/その他)

・「忙しくもなく、ゆっくりできる時間であると共に、相手が疲れていれば軽くスルーしたり、返事を返そうと思ってもらえたときにゆっくり返事を考えてもらえるぐらいの時間と想定できるため」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「朝は時間に余裕がないし、仕事中はちゃんと、仕事をしていると思われたいから」(28歳/医療・福祉/専門職)

仕事が終わってほっと一息ついたときや、退社後、帰りの電車の中で送るという女性がもっとも多いようです。就業時間はそれぞれで異なるかと思いますが、相手の時間を煩わせることもなく、返信を急かすこともないベストの時間なのかもしれませんね。

◇第2位「寝る前」

・「1日の一番落ち着いていられる時間帯だと思う。仕事中や朝は支度があったりで忙しいから連絡する暇などない」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

・「朝からは迷惑だと思うし、夜だとあまりダラダラせずに相手も連絡を切りやすいと思うから」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「寝る前に声が聞いて今日あったこととかたわいもないこと何でも話して落ち着いて眠れるから」(28歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

毎日、おやすみなさいのメッセージを送るのが日課になっている女性もいるでしょう。1日に起こったたわいもないことを寝る前に送って、ささやかなやり取りをしたあと眠りに落ちるのが好きだという女性もいるようですね。

◇第3位「出勤前の通勤時間」

・「朝に送っておけば1日のうちに気がつき、空いた時間に返信が来る可能性が高まるから。また、通勤の時間帯に「仕事がんばってね」など送っておけば好感を持ってもらえそうだから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「電車通勤なら、返信が来そうなので」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「月曜日の朝、出社時に『今週も1週間がんばろうね』ってLINEするのが鉄板!」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

出勤前の通勤電車の中で、おはようのあいさつや1日がんばろうねなどお互いを励ますようなメッセージを送る女性もいるようです。朝に送っておけば、相手の男性も自分の都合のいいタイミングで返信ができるので、疲れさせないだろうという気持ちもあるのかもしれませんね。

◇第4位「お昼休み」

・「お昼の時間なら相手も休憩中だと思うから」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など)

・「なんとなくです……朝は大変大変だろうし、少し余裕が出るのがお昼くらいかなぁと思うので」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「メールを中断するタイミングを与え相手の負担にならないように」(29歳/医療・福祉/専門職)

お昼時間がお互いに決まっているという場合には、昼休憩時のLINEのやり取りはリアルタイムで楽しめる絶好の機会にもなりそうです。休憩時には携帯やスマホをいじっているという男性も多いので、やり取りしやすいという面もあるようですね。

アンケートの結果では、メール・LINEのメッセージを送るタイミングとしては、退社後がもっとも多い結果となりました。ちょっとした隙間時間に送ることで、相手の時間をとらせないという配慮もあるのでしょう。男性としても、自分の好きなタイミングで返信ができるので、重く感じずにすむのかもしれませんね。

■好きな男性へのメール・LINEの返信の秘訣

好きな男性や気になっている男性からLINEが来た場合、どのように返信するのがよいのでしょうか? ベストな返信方法について、女性たちに聞いてみました。

◇文面を疑問形にして送る

・「疑問形にして返しやすくする。あとは簡単に返せるようにする」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「疑問文で返して、返事をもらえるようにする」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「?マークをつけたりして、相手からの返信があるように仕向けること」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

会話を少しでも長く続けるために、女性から送るメッセージは疑問形にするのがよいという意見がありました。言いきりで送るよりも、男性から自然な形で返信がもらえるので、確かにいいメッセージの送り方だと言えそうですね。

◇返信のスピードは早すぎないほうがいい

・「早く送りすぎないこと。長くしすぎないこと」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「すぐに返しすぎない。でも誠実に答える」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「あまり、すぐに返事しすぎないこと」(31歳/医療・福祉/その他)

好きな男性からLINEが来ると、即効で返信をしたくなってしまうものですが、あまり早く返信しすぎないほうがいいという意見もありました。あまり早く返信すると、がっついているように見えるので、重さを感じさせないためにもひと呼吸置いたほうがよさそうです。

◇あまりしつこくしすぎない

・「しつこくしない。たわいもない話題を提供する」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「次に続くような内容にする。しつこくなりすぎないようにする」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「うれしいときは素直に表現してもいいと思うけど、あまりしつこいといけないと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

しつこくされることを苦手とする男性も少なくありません。同じ質問を何度も繰り返したり、くどい言い方をするのは避けたほうがよさそうですね。ただ、うれしい気持ちに関しては、多少くり返し伝えてもOKなようですよ。

◇絵文字やスタンプの使用はほどほどに

・「多少の絵文字やスタンプを使う。あんまりやりすぎるとウザがられる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「適度なスタンプと絵文字。ちょっと抜けてる内容を送ってツッコミたくなるメールを作る。一緒に笑える内容」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「女の子らしいメールにする。絵文字やかわいいスタンプを使う」(34歳/機械・精密機器/その他)

文面をかわいらしく装飾してくれる絵文字やスタンプは、会話を潤滑にしてくれる優秀なアイテムです。しかし、あまりたくさん使いすぎるとウザったく感じてしまう男性も多いと言います。使う際にはほどほどにすることや、会話と関係のないタイミングや内容のスタンプを連打するといったことは控えたほうがよさそうですね。

好きな男性とLINEでやり取りをする際には、相手が返信しやすいよう文面を工夫することがポイントとなるようです。また、不快感を感じさせないような配慮なども必要になるようですね。お互いも楽しく会話ができるよう、ベストな返信方法を選ぶようにしましょうね。

■まとめ

恋人未満の距離にある男性とのLINEやメールのやり取りは、それなりに気を遣うことがあるものです。しかし、そうした細やかな気遣いがあるかないかで、相手の男性からの印象は大きく異なってきます。意中の男性がいる女性は、その男性が返信しやすいタイミングや頻度、メッセージの内容などをしっかり見極めてやり取りするようにしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年3月23日〜3月25日
調査人数:395人(25〜34歳の女性)