ソファの座り心地を確かめる仕事を得た女性(出典:https://www.youtube.com)

写真拡大

忙しく動き回らず、自分のペースで楽にお金を稼ぎたいという人は決して少なくないだろう。そんな方にうってつけの仕事があるようだ。ソファに座ったり、立ったりしてその座り心地や耐久性、安全性などを確かめる仕事、その名も「ソファ・テスター」である。

【この記事の動画を見る】

『Oddity Central』が伝えたところによると、2月にロシア・バシコルトスタン共和国の首都ウファで大手家具会社「MZ5 Group」が「ソファ・テスター」なる新しい職を一般募集した。

全ての家具は専門の研究施設ですでに試験済みだが、経営側は「実際の生活でソファを使用している人たちからの反応や意見を購入者たちは必要としているのでは」と考えて今回の「ソファ・テスター」の募集に至ったという。

仕事は一日10時間のフリーランス(自由契約)で、ソファの座り心地や安全性を確かめるというものだ。なんとも働き心地のよさそうな仕事内容に応募は殺到した。「MZ5 Group」のスポークスマン、アナスタシア・ラスキーさんによると、数日間で5,000人以上の応募があったと言い、以下のように話している。

「私たちは応募者に対して数回にわたり審査しました。履歴書を確認して、応募の動機ももちろん尋ねました。」

そして最終審査に残った7人から選ばれたのが、マーケティングのエキスパートとされるアナ・チェルダンツヴァさん(26歳)だった。アナさんは理想の仕事を得た感想をこのように述べている。

「とても競争率が高かったですが、“夢のような仕事”のために頑張りました。私はソファを改善させるために多くのアイデアを持っていますが、今はあえて話しません。これから私が仕事をしていく上でそのアイデアは役に立つと思っています。」

アナさん自身は普段はアクティブなタイプだそうだが、やはり「ソファの上で過ごす時間が長ければ長いほど、いい仕事ができる」という夢のような条件の仕事を得たことには満足しているようだ。YouTubeにはアナさんが店で様々なソファに座ったり寝そべったりしているほか、クッションの触り心地を試す様子が紹介されている。

今のところアナさんは「見習い期間中」というが、認められれば「ソファ・テスター」として本採用される予定だそうだ。3か月間の見習い期間中は月に56,000ルーブル(約11万円)の給料が支払われることになっており、本採用となれば年間で360万円ほど稼ぐことができるという。

なお『Career Addict』によると、このユニークな「ソファ・テスター」という言葉は世間にわずかではあるが認知されているようだ。同サイトでは応募者へのアドバイスとして、やる気、組織力、経営管理のスキル、座り心地だけでなく危険なところや壊れやすいところがないかなどの安全性について、口頭や文章でまとめて報告するコミュニケーションスキルがあれば有利になるとある。また、この分野にチャレンジするには「英国家具産業研究協会(Furniture Industry Research Association)」で「ソファ・テスター」の認定を受けること、また安全で快適なものづくりを追求する“人間工学”について学ぶことを推奨している。

出典:https://www.youtube.com
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)