疲れている彼氏を癒す方法まとめ 〜癒し上手な女性になるには〜

写真拡大

疲れている彼氏を見ると、「何かしてあげたい……」と思う女性も多いでしょう。では、具体的にどんなことをすれば、彼氏は癒やされるのでしょうか。今回は、社会人男性にとったアンケートを元に「お疲れの彼氏を癒す言葉や行動」について紹介します。

<目次>
■疲れている彼を癒す言葉5つ
■疲れている彼を癒すLINE5つ
■疲れている彼を癒す行動5つ
■彼の疲れを倍増させるNGな言葉5つ
■彼の疲れを倍増させるNG行動5つ
■彼の疲れがふっとぶ差し入れ&プレゼント5つ
■彼の疲れがふっとぶデート5つ
■まとめ

■疲れている彼を癒す言葉5つ

彼氏が疲れているときは、優しい言葉で癒してあげたいと思うものですよね。そこで働く男性に、彼女から言われて癒された言葉について教えてもらいました。

(1)お疲れさま

・「お疲れ様。いつもありがとう。頑張りすぎないでね」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「お仕事お疲れさま。今日はおいしいご飯を作るから待っててね」(31歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

仕事から帰ってきて、彼女に「お疲れさま」と言われると、それだけで一日の疲れも吹っ飛ぶのではないでしょうか。

(2)頑張ってるね

・「頑張ってるね!とか、大変だね、と愚痴を聞いてくれたとき」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「いつも頑張ってるね。偉いなっていってくれたとき癒された」(31歳/通信/営業職)

仕事を頑張っていても、周りに認められないこともあるもの。彼女が頑張っていることを認めてくれると、気持ちも癒されますよね。

(3)ありがとう

・「いつもありがとう。あなたがそばにいてくれてうれしいよ。これからも私をよろしくね」(25歳/小売店/営業職)

・「いつもありがとう。仕事休みになったら出掛けようね!」(25歳/農林・水産/経営・コンサルタント系)

ささいなことでも、感謝されると救われる気分になる人も多いのでは? よくお礼のことばで「すみません」と言ってしまう人がいますが、どうせ言うなら「ありがとう」と伝えましょう。

(4)大丈夫?

・「大丈夫?などの気にかけてくれるようなこと」(33歳/自動車関連/技術職)

・「大丈夫?マッサージしようか?といわれたとき」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

自分のことを気遣ってくれる言葉は、うれしく感じますよね。疲れているときに「大丈夫?」と聞かれると、彼も甘えやすくなるかもしれませんね。

(5)一緒にいると楽しい

・「一緒にいて楽しいっていわれたとき」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「一緒にいると楽しいといわれるとうれしい」(33歳/機械・精密機器/その他)

自分も一緒にいて楽しい相手から、「一緒にいて楽しい」と言われたら、同じ気持ちなんだと、うれしいですよね。うれしいと感じると気持ちがふっとほぐれますよね。

疲れているとき男性が癒される言葉には、体調を気づかったり、苦労を労ったり、日ごろの感謝だったり……、「あなたを気に掛けてるよ、見てるよ」といったことが伝わる言葉のようです。

■疲れている彼を癒すLINE5つ

彼を癒したいのに直接会えない……そんなときもありますよね。そこで活用したいのがLINEです。働く男性に、疲れてるときに彼女からもらって癒されたというLINEを教えてもらいました。

(1)ねぎらいの言葉

・「今日もお疲れ様。明日も頑張ろうねと簡潔にいってくれたとき」(34歳/商社・卸/営業職)

・「今日は一日お疲れさまでした。明日も頑張れファイト」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

「ねぎらいの言葉」は口頭でも文面でも、関係なく彼が癒される言葉のようです。出し惜しみせず、ガンガン伝えてあげたいですね。

(2)朝の挨拶

・「おはよう。今日も1日頑張ろうね」(25歳/その他/その他)

・「おはようの言葉とかわいい絵文字やスタンプを送る」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

朝一番に飛び込んでくる、彼女からの「おはよう」メッセージ。今日も一日頑張ろう! と、気合の入る男性は多いようです。

(3)ペットの画像

・「かわいいペットのうさぎの動画」(32歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

・「かわいいペットの写真が送られてきた」(22歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

飼っているペットの画像などを送られると、気持ちも癒されるもの。一緒にかわいがっているペットなら、なおさらですよね。

(4)ハートマーク

・「ハートがたくさんあったり、愛情をたくさん感じられるLINE」(31歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「ハートの絵文字など、自分のことを考えてくれている」(22歳/電力・ガス・石油/技術職)

単純かもしれませんが「ハートマーク」を貰ってうれしくない人なんていないですよね。好きな相手からならなおさら。「愛情を感じる」と男性からの評判も上場のようです。

(5)ごはんの約束

・「今度会ったときは好物を料理してくれるといってくれたとき」(33歳/情報・IT/営業職)

・「今度おいしいごはん作ってあげるといわれたとき」(31歳/運輸・倉庫/その他)

疲れているときは、彼女の手料理を食べたいと望む男性も少なくないようです。彼氏が疲れているなぁとLINEをしていて気付いたら、手料理の約束をしてみるのも◎。

ペットの画像やハートマークなど。LINEだからできる癒しのテクニックいかがでしたか? ペットを飼ってないという人は、彼が好きな動物や生き物の画像でもOK。ほっと気が緩む画像をねぎらいの言葉とともに送ってあげましょう。

■疲れている彼を癒す行動5つ

続いて、疲れている彼を癒す「行動」について見ていきましょう。男性たちに、「彼女がやってくれて癒やされたこと」を聞いてみました。

(1)マッサージ

・「マッサージ。首、肩甲骨、腰のラインを全力でやってくれてると気持ちいいし、かわいい」(25歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「マッサージをしてくれたことや肩をたたいてくれたこと」(24歳/学校・教育関連/その他)

マッサージは体の凝りをほぐすだけでなくスキンシップにもなり、心も体も緩める効果が。デスクワークが多い彼は、首や肩が凝っている場合が多いので、その部分を中心に揉んであげると◎。

(2)手料理をふるまう

・「ご飯を作ってくれたり、なんでもやってくれたこと」(24歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「スタミナ回復料理を作って待っててくれた」(25歳/農林・水産/経営・コンサルタント系)

疲れている彼には愛情のたっぷりつまった手料理をふるまうのも◎。栄養たっぷりで疲労回復にいいものを作ってあげたいですね。

(3)そばにいる

・「何もいわずそばに座って話を聞いてくれたこと」(34歳/不動産/事務系専門職)

・「ただ一緒にいて何もするでもなく一緒に過ごす」(29歳/その他/その他)

何をするのでもなく、彼女がそばにいてくれるだけで、気持ちが癒されるという男性も。本当に疲れているときは、横にいるだけでいいかもしれませんね。

(4)膝枕

・「膝枕などしてもらってのんびりしたとき」(32歳/通信/技術職)

・「膝枕してよしよし。抱きついてよしよし」(24歳/医療・福祉/専門職)

彼女の膝枕に癒されたという男性も。彼女の温もりを感じられて、気持ちが落ち着くのでしょうか。自分も疲れててマッサージする余力のないときは、膝を貸してあげるだけでもいいですね。

(5)ハグ

・「後ろから背中を抱き締めてくれたとき」(32歳/その他/事務系専門職)

・「後ろから抱きついて、頭をなでられる」(27歳/農林・水産/技術職)

彼女からギュッとハグされると、それだけで癒されるという男性も。疲れているときこそ、彼女に甘えたいのかもしれないですね。

疲れているときは、彼女からの愛を感じるスキンシップや手料理で癒される男性は多いようですね。しかしなかには、そばにいてくれるだけでいい……という男性もいたので、相手がそっとしておいてほしいのか甘えたいのか、何を望んでいるか見極めた上で行動するとなおよさそうですね。

■彼の疲れを倍増させるNGな言葉5つ

ここまで、男性が癒された彼女からの言葉やLINE、行動について見てきました。ここからはその逆で、彼の疲れを倍増させてしまうNGな行為について見ていきましょう。まずはNGな言葉から紹介します。

(1)○○して〜

・「あれやって!これやって!ということ」(33歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「あれ、やっといてくれた? 早くやってよね」(33歳/生保・損保/販売職・サービス系)

疲れているのに、いろいろお願いをされると、疲れも倍増するものですよね。相手が疲れているときは、自分でやれることはやったほうが良さそうですね。

(2)私も疲れてる

・「私も疲れてるんだから疲れたとかいわないでといわれたとき」(23歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「私も疲れていると、みんな頑張っていることをアピールしてきたとき」(26歳/金融・証券/専門職)

お互いに仕事をしていると、どちらも疲れていることもあるもの。とはいえ、自分も疲れているといわれると、彼氏もそれ以上甘えることもできなくなるのでは。

(3)どこか行こうよ

・「今日暇だからどっか行こうよーせっかくなんだし」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ねぇ〜、明日、どこか行こうよぉ〜。疲れが倍増しました」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

疲れているときに相手からデートを催促されると、「俺のことも考えてよ〜!」と怒りたくなりますよね。彼氏が疲れてるときにどうしてもデートしたいなら、お家でのんびり出来るデートを提案しましょう。

(4)かまって

・「かまってといわれると余計に身も心も疲れる」(31歳/運輸・倉庫/その他)

・「かまってほしそうなニュアンスの言葉」(22歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

彼氏が疲れてて相手にされないのが寂しいのは分かりますが、タイミングは見極めましょう。自分が疲れているとき、相手に何をしてほしいか、してほしくないか……行動するまえにじっくり考えたいですね。

彼が疲れているとき、上記に挙がった言葉を言ってた……という女性はいませんか? 疲れているときは心も体もゆっくり休ませたいもの。その時間を邪魔する言葉はどういったものか、今一度頭に叩き込みましょう。

■彼の疲れを倍増させるNG行動5つ

続いて、彼の疲れを倍増させるNG行動について見ていきましょう。

(1)そっけないと怒る・責める

・「会話を振られた時にそっけない返事をしたことに文句をいわれる」(26歳/金融・証券/専門職)

・「会話が素っ気なくなると責められること」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

疲れていると、彼女の会話にもそっけなくなってしまうこともあるもの。そこで怒ってしまうと、彼も疲れが増してしまうようです。

(2)仕事のグチを聞かされる

・「今日会社の上司からガミガミ怒られたなどのグチ」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「仕事のグチなど、終わらないので疲れる」(31歳/機械・精密機器/営業職)

自分自身が仕事で疲れているときに、彼女の仕事のグチまで聞きたくないと思う男性は多いよう。グチを聞かされても、状況がわからないと、どう回答していいかわからないこともありますものね。

(3)不機嫌になる

・「疲れているときに限って不機嫌だったりすること」(28歳/情報・IT/技術職)

・「不機嫌になられる。気を使わなければならない状態になること」(34歳/商社・卸/営業職)

彼女が不機嫌だと、疲れているけどご機嫌取りをしなくては……と男性を追い込んでいるようです。彼の気を引きたくてわざと不機嫌になるという人は、彼が疲れているときだけは勘弁してあげましょう。

(4)一方的に話す

・「聞いてもいない話をべらべらとしゃべられると疲れる」(32歳/その他/事務系専門職)

・「疲れているときにマシンガンのように話をしてくる」(31歳/運輸・倉庫/その他)

疲れているときに話をされても、なかなか頭に入ってこないもの。彼女の会話に付き合うことで、よけいに疲れが増してしまうかもしれませんね。

(5)デートをせがまれる

・「どこか遠いところに連れていけといわれること」(31歳/自動車関連/技術職)

・「寝ていたら、早く起きてデートに行こうといわれたとき」(31歳/その他/販売職・サービス系)

忙しくてデートに連れていけないことを申し訳ないと思っていても、それを彼女に責め立てられると、逆にイラッとしてしまいますよね。

彼氏が疲れているときは、あまりワガママや無茶ぶりをするのは避けたいもの。思いやりのない女性と思われてしまいます。

■彼の疲れがふっとぶ差し入れ&プレゼント5つ

続いて、疲れているときに差し入れたら男性がよろこぶものを紹介します。どんな差し入れがグッとくるのか、男性に聞いてみました。

(1)チョコレート

・「甘いものが好きなのでチョコレートなど」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/技術職)

・「チョコレートなど甘いものをもらえると疲れが安らぐ」(34歳/商社・卸/営業職)

疲れているときの甘いものは、体に沁みますよね。とくにデスクワークで頭を使う仕事の人に糖分はよろこばれそう。食べやすいよう一口タイプのチョコを選んであげたいですね。

(2)栄養ドリンク

・「栄養ドリンクをもらうと自分のことを気にしてくれてると思う」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「栄養ドリンクや何かお菓子をくれたらうれしいと思います」(26歳/その他/その他)

疲れがとれるように、栄養ドリンクなどを差し入れするのも良さそうですね。外食ばかりで栄養不足になっている男性も多いですからね。

(3)手料理

・「手料理のサプライズ提供はうれしかった」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「手作りの料理やお菓子を差し入れされるとうれしい」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

彼女の手料理が一番うれしかった! という男性も。あらかじめ彼が残業すると分かっているときは、手作り弁当を夜食に持たせるのもいいかもしれないですね。

(4)コーヒー

・「コーヒーを淹れてくれるとかちょっとしたところ」(25歳/その他/その他)

・「疲労回復のためのチョコレートとか、シャキッとするためのブラックコーヒー」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

疲れて眠いときは、仕事に集中できないことも。そんなときは、コーヒーを差し入れすると喜ばれるようです。

(5)ケーキ

・「ショートケーキやスイーツ系のおかし」(24歳/その他/その他)

・「甘いドーナッツ、ケーキなど助かります」(34歳/不動産/事務系専門職)

チョコレートじゃなくてガッツリ甘いものを食べたい! という男子にはケーキやドーナッツなどが◎。小腹対策にもなる上、糖分が補給できます。

甘いものや栄養ドリンク、手料理など……。彼が疲れているなぁと思ったら上記に挙がったものを差し入れするとよろこばれるようですよ! 小腹がすく時間帯だったらチョコレートではなくケーキ類にするなど、柔軟に対応したいですね。

■彼の疲れがふっとぶデート5つ

せっかく楽しみにしていた週末のデート……。疲れを理由にキャンセルするのは男性も忍びないよう。そこで男性陣に、疲れているときに彼女から提案されたい癒しのデートについて聞いてみました。

(1)おうちデート

・「家でのんびりテレビを見ながらだらだらしてもいいデート」(31歳/通信/営業職)

・「家でひたすらのんびりゴロゴロする」(33歳/自動車関連/技術職)

疲れているときは、電車にのって人ごみに行くのを想像しただけで気持ちが下がりますよね。その点自宅でデートするなら、移動もないうえ、時間もお金も気にせずリラックスして過ごせそうです。

(2)温泉デート

・「温泉やスーパー銭湯などでゆっくりできたら癒される」(25歳/その他/その他)

・「温泉に行く。彼女の運転で行ければ疲れが癒されると思う」(32歳/その他/事務系専門職)

疲れを癒すために温泉に出かけてみるのも良さそうですね。一日中のんびり過ごすことのできる温泉施設なら、彼氏も喜んで出掛けてくれそうです。

(3)近場のデート

・「のんびりと近所を散歩するとか予定をかつかつにしないでの旅行」(33歳/情報・IT/営業職)

・「家や近くで2人でゆっくり過ごすこと」(31歳/医薬品・化粧品/専門職)

遠出するのは億劫でも、近所を散歩するくらいならOKという男性も。天気がいい日ならば、手作り弁当をもってピクニックするのもいいかもしれませんね。

(4)ドライブデート

・「ただのドライブや歩き回らなくていい場所」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「ちょっとした景色のいい場所などへのドライブ」(24歳/医療・福祉/その他)

ドライブデートなら、歩かないし、電車にのって人ごみにもまれることもないのでOKという男性も。たまに運転を代わってあげれば、彼もゆっくりすることができます。

(5)映画デート

・「映画とかあんまり動かないでいいデートプラン」(25歳/その他/その他)

・「映画鑑賞や、カフェ巡りでゆっくりすると癒される」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

鑑賞中座っていられる映画デートも、疲れているときにしたいデートの1つ。もし彼が途中で寝てしまっても、怒らないであげましょう。

疲れているときはなるべく歩いたり、動いたりしたくないもの。それを踏まえたデートプランを提案すれば、疲れている彼もよろこんで応じてくれるようです。ただ彼が本当に疲れているようならしっかり休息をとる必要があります。そんなときはデートの日程を変更してあげる優しさをみせてあげたいですね。

■まとめ

疲れている彼氏を癒す言葉や言動、デートプランについて紹介してきました。いかがでしたか? 彼を癒すつもりで取った行動が逆効果にならないよう、今回紹介した内容を参考に、癒し上手な彼女になってくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時2017年3月9日〜2017年3月10日
調査人数:198人(22歳〜34歳の社会人男性)