29日午前に故宮博物院で行われた2014-16年の所蔵品整理作業総括会で、単霽翔院長は、所蔵品の総数が増加したことを明らかにした。

写真拡大

29日午前に故宮博物院で行われた2014-16年の所蔵品整理作業総括会で、単霽翔院長は、16年12月31日の時点で、所蔵品の総数が10年12月の180万7558点から186万2690点(貴重文化財168万3336点、一般文化財16万3969点、標本1万5385点)に増加したことを明らかにした。人民日報海外版が報じた。

主に増加したのは新しく整理された乾隆帝の原稿や書簡、甲骨文、陶磁器などの文化財(標本)だ。単院長によると、これは三年間の整理作業から得た段階的な成果で、まだ完了していない整理作業は今後も継続し、最新の所蔵状況が随時公表されるという。(提供/人民網日本語版・編集/KN)