J2岐阜、DF田代雅也を解雇【写真:Getty Images】

写真拡大

 J2FC岐阜は31日、DF田代雅也の契約解除を発表した。酒気帯び運転で交通事故を起こしたためと発表されている。

 クラブの発表によると、田代は27日午前2時頃、乗用車を運転して街路樹に衝突。駆けつけた警官によって、酒気帯び運転であることが確認された。岐阜は31日付けで選手との契約を解除することを発表している。

 社内責任者として1ヶ月減給10%の処分を受けることになった代表取締役社長の宮田博之氏は、「弊クラブ所属選手が、酒気帯び運転による事故という深刻な事態を引き起こしたことを、心よりお詫び申し上げます。酒気帯び運転は、極めて危険な行為であると認識しており、今回の件は、決して許されるものではありません。これまでも選手教育に取り組んでまいりましたが、今後、このようなことがないように選手、スタッフ等への教育を再徹底してまいります」とコメントを発表。クラブとしても、飲酒運転再発防止委員会の立ち上げなどを行うとしている。

 23歳の田代は埼玉県の名門・武南高校で活躍したあと、法政大学に進学。2016年に岐阜の選手となり、昨年3月にJリーグデビューを果たしていた。

text by 編集部